睡蓮の原野/Lotus Field

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(パイオニアについて加筆)
 
8行: 8行:
  
 
また、細かな違いとして生け贄に捧げる効果が[[置換効果]]から[[ETB]][[能力]]になったので、[[もみ消し/Stifle]]などで[[打ち消す]]ことが可能。スタンダードでも[[覆滅+複製/Repudiate+Replicate|覆滅/Repudiate]]や[[物語の終わり/Tale's End]]が(後者は[[リミテッド]]でも)使える。
 
また、細かな違いとして生け贄に捧げる効果が[[置換効果]]から[[ETB]][[能力]]になったので、[[もみ消し/Stifle]]などで[[打ち消す]]ことが可能。スタンダードでも[[覆滅+複製/Repudiate+Replicate|覆滅/Repudiate]]や[[物語の終わり/Tale's End]]が(後者は[[リミテッド]]でも)使える。
 +
 +
[[パイオニア]]ではこれを[[演劇の舞台/Thespian's Stage]]で[[コピー]]して、[[見えざる糸/Hidden Strings]]などでマナを増やす[[コンボデッキ]]が存在する。→[[睡蓮の原野コンボ]]
  
 
*ETB能力の[[解決]]時に睡蓮の原野を含めて2つ以下しか土地がない場合、もちろんこれ自身を生け贄に捧げることになる。
 
*ETB能力の[[解決]]時に睡蓮の原野を含めて2つ以下しか土地がない場合、もちろんこれ自身を生け贄に捧げることになる。

2019年12月3日 (火) 18:01時点における最新版


Lotus Field / 睡蓮の原野
土地

呪禁
睡蓮の原野はタップ状態で戦場に出る。
睡蓮の原野が戦場に出たとき、土地2つを生け贄に捧げる。
(T):好きな色1色のマナ3点を加える。


水蓮の谷間/Lotus Valeリメイク呪禁を獲得し、タップ状態土地生け贄に捧げることができるようになった代わりに自身がタップ状態で戦場に出る

除去された時が悲惨」という致命的な脆弱性をほぼ解消しているのは大きい。一方で、生け贄関連の変化は単純に考えるとアンタップインタップインになったのと同義(しかも対応用のマナを残すこともできない)なので、テンポは悪くなっている。

スタンダードでわずかな期間ながら血染めの太陽/Blood Sunと同居しており、ただの3マナ土地化するコンボがスタンダードで実現可能となった。ただし、その際には呪禁も失っていることには注意。それ以外には、継続的に土地をアンタップできるビヒモスを招く者、キオーラ/Kiora, Behemoth Beckonerが有力なパートナー。

また、細かな違いとして生け贄に捧げる効果が置換効果からETB能力になったので、もみ消し/Stifleなどで打ち消すことが可能。スタンダードでも覆滅/Repudiate物語の終わり/Tale's Endが(後者はリミテッドでも)使える。

パイオニアではこれを演劇の舞台/Thespian's Stageコピーして、見えざる糸/Hidden Stringsなどでマナを増やすコンボデッキが存在する。→睡蓮の原野コンボ

  • ETB能力の解決時に睡蓮の原野を含めて2つ以下しか土地がない場合、もちろんこれ自身を生け贄に捧げることになる。

[編集] 参考

QR Code.gif