真夜中の死神/Midnight Reaper

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[あなた|自分]]の[[クリーチャー]]が[[死亡]]するたび[[カード]]を[[引く|引け]]る[[ゾンビ]]・[[騎士]]。
 
[[あなた|自分]]の[[クリーチャー]]が[[死亡]]するたび[[カード]]を[[引く|引け]]る[[ゾンビ]]・[[騎士]]。
  
[[能力]]は[[タルキール覇王譚]]の[[不気味な腸卜師/Grim Haruspex]]に近いが、自分が[[死亡]]しても[[能力]]が[[誘発]]するので、これが真っ先に[[除去]]されても、[[追放]]されなければ[[カード・アドバンテージ]]を得られる点が異なる。[[ラヴニカのギルド]]で一緒に追加された[[疫病造り師/Plaguecrafter]]や[[クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner]]と相打ち上等の除去クリーチャーと組み合わせれば一方的にアドバンテージを獲得することが可能。ただし、[[ドロー]]とそれに伴う[[ダメージ]]は強制であるため、[[ライフ]]や盤面の状況次第では自分の首を絞める事にもなり得る。
+
[[能力]]は[[タルキール覇王譚]]の[[不気味な腸卜師/Grim Haruspex]]に近いが、自分が[[死亡]]しても[[能力]]が[[誘発]]するので、これが真っ先に[[除去]]されても、[[追放]]されなければ[[カード・アドバンテージ]]を得られる点が異なる。[[ラヴニカのギルド]]で一緒に追加された[[疫病造り師/Plaguecrafter]]や[[クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner]]と相打ち上等の除去クリーチャーと組み合わせれば一方的にアドバンテージを獲得することが可能。ただし、[[引く|ドロー]]とそれに伴う[[ダメージ]]は強制であるため、[[ライフ]]や盤面の状況次第では自分の首を絞める事にもなり得る。
  
[[スタンダード]]では[[黒緑ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド期|ゴルガリ・ミッドレンジ]]に採用される場合がある。他のクリーチャーと共に並べれば[[全体除去]]を受けてもカード・アドバンテージを失わずに済み、またクリーチャーをぶつけ合う消耗戦になりやすい[[ミラーマッチ]]でも活躍する。ただし環境には[[ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt]]や[[溶岩コイル/Lava Coil]]など実用的な追放除去が複数存在するため裏目もあり、採用の有無や枚数はまちまち。基本は[[メインデッキ]]にフル投入するカードではなく、必要に応じて[[サイドボード|サイド]]後に増量することになる。[[ラヴニカの献身]]期では[[肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium]]が登場したことにより避雷針としての役割も果たし辛くなり逆風が強くなったが、ゴルガリ・ミッドレンジに替わって隆盛した[[青黒緑ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身期|スゥルタイ・ミッドレンジ]]や[[黒赤ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身期|ラクドス・アグロ]]で採用する例が見られる。
+
[[スタンダード]]では[[黒緑ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド期|ゴルガリ・ミッドレンジ]]に採用される場合がある。他のクリーチャーと共に並べれば[[全体除去]]を受けてもカード・アドバンテージを失わずに済み、またクリーチャーをぶつけ合う消耗戦になりやすい[[ミラーマッチ]]でも活躍する。ただし環境には[[ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt]]や[[溶岩コイル/Lava Coil]]など実用的な追放除去が複数存在するため裏目もあり、採用の有無や枚数はまちまち。基本は[[メインデッキ]]にフル投入するカードではなく、必要に応じて[[サイドボード|サイド]]後に増量することになる。[[ラヴニカの献身]]期では[[肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium]]が登場したことにより[[避雷針]]としての役割も果たし辛くなり逆風が強くなったが、ゴルガリ・ミッドレンジに替わって隆盛した[[青黒緑ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身期|スゥルタイ・ミッドレンジ]]や[[黒赤ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身期|ラクドス・アグロ]]で採用する例が見られる。
  
*[[ライフ]]喪失を伴うドローは[[黒]]の十八番だが、より古典的な「ライフを[[失う]]」という書式ではなく([[ドミナリア]]の[[闇の取り引き/Dark Bargain]]などと同じく)「[[あなた]]への[[ダメージ]]」となっている。ダメージの[[発生源]]はこれ自身なので、自身に[[絆魂]]を持たせればライフ喪失を帳消しにできるが、[[獲物貫き、オボシュ/Obosh, the Preypiercer]]がいる場合、受けるダメージが倍になってしまうので注意。
+
*[[ライフ]]喪失を伴うドローは[[黒]]の十八番だが、より古典的な「ライフを[[失う]]」という書式ではなく([[ドミナリア]]の[[闇の取り引き/Dark Bargain]]などと同じく)「[[あなた]]への[[ダメージ]]」となっている。ダメージの[[発生源]]はこれ自身なので、自身に[[絆魂]]を持たせればライフ喪失を帳消しにできる。一方で[[獲物貫き、オボシュ/Obosh, the Preypiercer]]等とはディスシナジーにもなるので、併用する際はライフ量に注意。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:ラヴニカのギルド]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:ラヴニカのギルド]] - [[レア]]

2020年5月22日 (金) 22:30時点における最新版


Midnight Reaper / 真夜中の死神 (2)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) 騎士(Knight)

あなたがコントロールしていてトークンでないクリーチャーが1体死亡するたび、真夜中の死神はあなたに1点のダメージを与え、あなたはカードを1枚引く。

3/2

自分クリーチャー死亡するたびカード引けゾンビ騎士

能力タルキール覇王譚不気味な腸卜師/Grim Haruspexに近いが、自分が死亡しても能力誘発するので、これが真っ先に除去されても、追放されなければカード・アドバンテージを得られる点が異なる。ラヴニカのギルドで一緒に追加された疫病造り師/Plaguecrafterクロールの銛撃ち/Kraul Harpoonerと相打ち上等の除去クリーチャーと組み合わせれば一方的にアドバンテージを獲得することが可能。ただし、ドローとそれに伴うダメージは強制であるため、ライフや盤面の状況次第では自分の首を絞める事にもなり得る。

スタンダードではゴルガリ・ミッドレンジに採用される場合がある。他のクリーチャーと共に並べれば全体除去を受けてもカード・アドバンテージを失わずに済み、またクリーチャーをぶつけ合う消耗戦になりやすいミラーマッチでも活躍する。ただし環境にはヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt溶岩コイル/Lava Coilなど実用的な追放除去が複数存在するため裏目もあり、採用の有無や枚数はまちまち。基本はメインデッキにフル投入するカードではなく、必要に応じてサイド後に増量することになる。ラヴニカの献身期では肉儀場の叫び/Cry of the Carnariumが登場したことにより避雷針としての役割も果たし辛くなり逆風が強くなったが、ゴルガリ・ミッドレンジに替わって隆盛したスゥルタイ・ミッドレンジラクドス・アグロで採用する例が見られる。

[編集] 参考

QR Code.gif