真冬/Dead of Winter

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Dead of Winter}}
 
{{#card:Dead of Winter}}
  
[[吐き気/Nausea]]の亜種となるマイナス[[修整]]型の[[全体除去]]
+
[[もぎとり/Mutilate]]系列の、[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]している[[パーマネント]]の種類によって[[修整]]値が変動するマイナス修整型の[[全体除去]]。これは自身の[[氷雪パーマネント]]の数を参照し、[[氷雪クリーチャー]]は修整を受けない。
  
[[修整値]]は自身の[[氷雪パーマネント]]の数を参照し、修整を受けるのは[[氷雪]]でない[[クリーチャー]]に限る。
+
全体除去としては[[蔓延/Infest]]とその亜種の存在を考えるに最低でも-2/-2は欲しいところだが、特に際立った[[カード]]を採用せずとも[[デッキ]]内の[[土地]]を[[氷雪土地]]で固めれば-3/-3以上の修整値は望めるし、戦力を氷雪クリーチャーで固めれば一方的な全体除去として扱える強力カード。[[色拘束]]が蔓延より緩い部分もありがたい。
  
通常の全体除去としての運用なら、[[蔓延/Infest]]とその亜種の存在を考えるに、修整値として最低でも-2/-2は欲しいところ。参照する氷雪パーマネントは特に際立ったカードを採用せずとも、[[氷雪土地|氷雪基本土地]]を用意すれば良く、修整値の調整はそれほど難しくない。[[色拘束]]が蔓延等より緩い部分もありがたい。
+
[[リミテッド]]では全体除去というだけで貴重な[[レア]]。ただし、氷雪パーマネントが集まらなかったり、対戦相手の氷雪クリーチャーが残ってしまったりという欠点もあるため過信は禁物。上手く氷雪パーマネント・カードを[[ピック]]して有利な盤面を作り上げたい。
  
[[リミテッド]]では全体除去となるだけで貴重な[[レア]]。ただし、氷雪パーマネントが集まらなかったり、[[対戦相手]][[氷雪クリーチャー]]が残ってしまったりという欠点もあるため過信は禁物。上手く氷雪をピックして有利な盤面を作り上げたい。
+
[[レガシー]]でも稀に採用される。同[[環境]]には[[タフネス]]の低いクリーチャーが多く、[[多色デッキ|多色]][[コントロール (デッキ)|コントロール]]では[[湿地での被災/Marsh Casualties]]や[[毒の濁流/Toxic Deluge]]と枠を争っている。また、[[基本氷雪土地]]を多く並べる点は、多くの[[基本でない土地]]対策カードへの耐性ともなる。
 
+
[[レガシー]]でも稀に採用される。同[[環境]]には[[タフネス]]の低いクリーチャーが多く、多色コントロールでは[[湿地での被災/Marsh Casualties]]や[[毒の濁流/Toxic Deluge]]と枠を争っている。また、氷雪基本土地を多く並べる点は、多くの[[基本でない土地]]対策カードへの耐性ともなる。
+
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:モダンホライゾン]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:モダンホライゾン]] - [[レア]]

2019年8月17日 (土) 11:08時点における最新版


Dead of Winter / 真冬 (2)(黒)
ソーサリー

ターン終了時まで、すべての氷雪でないクリーチャーは-X/-Xの修整を受ける。Xは、あなたがコントロールしている氷雪パーマネントの総数に等しい。


もぎとり/Mutilate系列の、コントロールしているパーマネントの種類によって修整値が変動するマイナス修整型の全体除去。これは自身の氷雪パーマネントの数を参照し、氷雪クリーチャーは修整を受けない。

全体除去としては蔓延/Infestとその亜種の存在を考えるに最低でも-2/-2は欲しいところだが、特に際立ったカードを採用せずともデッキ内の土地氷雪土地で固めれば-3/-3以上の修整値は望めるし、戦力を氷雪クリーチャーで固めれば一方的な全体除去として扱える強力カード。色拘束が蔓延より緩い部分もありがたい。

リミテッドでは全体除去というだけで貴重なレア。ただし、氷雪パーマネントが集まらなかったり、対戦相手の氷雪クリーチャーが残ってしまったりという欠点もあるため過信は禁物。上手く氷雪パーマネント・カードをピックして有利な盤面を作り上げたい。

レガシーでも稀に採用される。同環境にはタフネスの低いクリーチャーが多く、多色コントロールでは湿地での被災/Marsh Casualties毒の濁流/Toxic Delugeと枠を争っている。また、基本氷雪土地を多く並べる点は、多くの基本でない土地対策カードへの耐性ともなる。

[編集] 参考

QR Code.gif