白青

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

白青(White-Blue)は、マジックにおける色の組み合わせのうち、の組み合わせのことである。略式表記WU


Meddling Mage / 翻弄する魔道士 (白)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

翻弄する魔道士が戦場に出るに際し、土地でないカード名を1つ選ぶ。
選ばれた名前を持つ呪文は唱えられない。

2/2


Sphinx's Revelation / スフィンクスの啓示 (X)(白)(青)(青)
インスタント

あなたはX点のライフを得て、カードをX枚引く。


概要

白青のデッキパーマネントへの対応力が高い白と、呪文への介入とハンド・アドバンテージを得手とする青の性格上、高いコントロール力を持つことで知られる。青の打ち消しと白の全体除去で制圧するパーミッションは黎明期からの白青の代名詞。他にもロックデッキプレインズウォーカー主体のタップアウトコントロール、あるいはコンボデッキなど、多様なコントロール戦略を生みだしてきたエキスパートである。

また戦闘も決して不得手ではなく、特に小型クリーチャーフライヤーに関しては上質なものが揃っており、クロック・パーミッション系のデッキやビート・コントロール的なアグロ、あるいは純粋なウィニーも存在する。

若干の浮沈はあるものの、どのような環境でも常に一定の活躍を見せる色の組み合わせである。色の役割の大幅な変更がない限りは今後も活躍を続けるだろう。

白青の多色カード飛行呪禁被覆プロテクション)、ライフ回復+ドロー打ち消し対戦相手攻撃呪文を唱えることやアンタップなどに制限を加えるデザインが多い。

代表的なデッキ

参考

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif