略奪/Pillage

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Pillage}}
 
{{#card:Pillage}}
  
[[赤]]の中では最強クラスの[[土地破壊]][[呪文]]。[[除去]][[対象]]範囲の広さの割には3[[マナ]]であり、かなりの[[コスト・パフォーマンス]]を誇る。
+
[[赤]]の中では最強クラスの[[土地破壊]][[呪文]]。
  
[[土地]]でも[[アーティファクト]]でも[[破壊]]でき、[[マナ・アーティファクト]]を逃さないので古来より[[土地破壊]][[デッキ]]で重宝されてきた。
+
[[石の雨/Stone Rain]]と比較して、[[土地]]のみならず[[マナ・アーティファクト]]も破壊できるようになり、[[マナ拘束]]の確実性が増している。それでいて[[色拘束]]こそ増えたものの3[[マナ]]のままであるため[[コスト・パフォーマンス]]は良好である。
  
また、単発でも効果が高い時は土地を、相手が強力な[[アーティファクト]]を使っている場合はそれを壊せる融通性から、[[カウンターバーン]]などの[[コントロール (デッキ)|コントロールデッキ]]でも投入された。
+
また[[粉砕/Shatter]]の亜種という視線で見ても、多少[[重い|重く]]はあるが[[再生]]させない点が評価が高い。[[ウルザ・ブロック]]のころには[[マスティコア/Masticore]]を確実に[[除去]]するために投入された。
  
[[再生]]させない点も評価が高く、[[ウルザ・ブロック]]のころには[[マスティコア/Masticore]]を確実に[[除去]]するために投入された。
+
古来より[[土地破壊]][[デッキ]][[ポンザ]])で重宝されたほか、[[カウンターバーン]]などの[[コントロール (デッキ)|コントロールデッキ]]でも幅広い[[カード・タイプ]]に対処できる汎用カードとして投入された。
  
ただし、[[色拘束]]が強いため、[[多色デッキ]]で使用する場合は注意が必要である。
+
さすがに強すぎたか、[[第8版]]以降は調整版の[[破砕/Demolish]]とバトンタッチ、以降はそちらが[[カードパワー]]の基準とされている。その他の亜種については[[破砕/Demolish]]の項を参照。
  
[[モダンホライゾン]]で再録され、[[モダン]]で使用可能に。同環境にも[[赤緑]]ベースの土地破壊デッキは存在しており、選択肢が増えた。[[溶接の壺/Welding Jar]]擁する[[硬化した鱗]]や[[発明品の唸りプリズン]]に強い点も見逃せない。
+
[[マスターズ25th]]に[[コモン]]で[[再録]]、さらに[[モダンホライゾン]]で再録され、[[Pauper]][[モダン]]で使用可能に。どちらの[[環境]]でも[[ウルザトロン]]や[[親和 (デッキ)|親和]]やその他各種[[コンボデッキ]]など、土地やアーティファクトを戦略の中心としたデッキが多いため対策として有用。[[赤緑]]ベースの土地破壊デッキの有力選択肢となっている。
  
さすがに強すぎたか、[[第8版]]以降は調整版の[[破砕/Demolish]]が収録され[[スタンダード]][[落ちる|落ち]]。その他の亜種については[[破砕/Demolish]]の項を参照。
 
 
*[[マスターズ25th]]に新規{{Gatherer|id=442382}}と新規[[フレイバー・テキスト]]で収録。
 
*[[マスターズ25th]]に新規{{Gatherer|id=442382}}と新規[[フレイバー・テキスト]]で収録。
  

2019年6月15日 (土) 09:49時点における最新版


Pillage / 略奪 (1)(赤)(赤)
ソーサリー

アーティファクト1つか土地1つを対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


の中では最強クラスの土地破壊呪文

石の雨/Stone Rainと比較して、土地のみならずマナ・アーティファクトも破壊できるようになり、マナ拘束の確実性が増している。それでいて色拘束こそ増えたものの3マナのままであるためコスト・パフォーマンスは良好である。

また粉砕/Shatterの亜種という視線で見ても、多少重くはあるが再生させない点が評価が高い。ウルザ・ブロックのころにはマスティコア/Masticoreを確実に除去するために投入された。

古来より土地破壊デッキポンザ)で重宝されたほか、カウンターバーンなどのコントロールデッキでも幅広いカード・タイプに対処できる汎用カードとして投入された。

さすがに強すぎたか、第8版以降は調整版の破砕/Demolishとバトンタッチ、以降はそちらがカードパワーの基準とされている。その他の亜種については破砕/Demolishの項を参照。

マスターズ25thコモン再録、さらにモダンホライゾンで再録され、Pauperモダンで使用可能に。どちらの環境でもウルザトロン親和やその他各種コンボデッキなど、土地やアーティファクトを戦略の中心としたデッキが多いため対策として有用。赤緑ベースの土地破壊デッキの有力選択肢となっている。

[編集] 参考

QR Code.gif