用心棒の荒事/Bouncer's Beatdown

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Bouncer's Beatdown}}
 
{{#card:Bouncer's Beatdown}}
  
[[クリーチャー]]か[[プレインズウォーカー]]に、自分のクリーチャーの[[パワー]]の最大値分の[[ダメージ]]を与える[[インスタント]]。[[黒]]相手なら[[コスト]]減少のおまけ付き。
+
[[クリーチャー]]か[[プレインズウォーカー]]に、自分のクリーチャーの[[パワー]]の最大値分の[[ダメージ]]を与える[[インスタント]]。[[対象]]は[[墓地]]に行かずに[[追放]]される上、[[黒]]相手なら[[コスト]]減少のおまけ付き。
  
 
[[効果]]は[[噛みつき]]に近いが、自分のクリーチャーを[[対象]]に取らないのが特徴。これにより、この手の[[カード]]にありがちな「[[格闘]]を行うクリーチャーを[[対応して]][[除去]]されると、[[対象不適正]]で[[立ち消え]]となってしまい[[カード・アドバンテージ]]を失う」という弱点をある程度カバーしている。小型の[[接死]]持ちと組み合わせる[[ギミック]]などには不向きなものの、安定性では勝っていると言えるだろう。
 
[[効果]]は[[噛みつき]]に近いが、自分のクリーチャーを[[対象]]に取らないのが特徴。これにより、この手の[[カード]]にありがちな「[[格闘]]を行うクリーチャーを[[対応して]][[除去]]されると、[[対象不適正]]で[[立ち消え]]となってしまい[[カード・アドバンテージ]]を失う」という弱点をある程度カバーしている。小型の[[接死]]持ちと組み合わせる[[ギミック]]などには不向きなものの、安定性では勝っていると言えるだろう。
 +
 +
[[ニューカペナの街角]][[リミテッド]]においては優秀なインスタント除去。追放してくれるのも地味に便利で、[[奇襲]]クリーチャーに対しても[[アドバンテージ]]を失わず、[[盗み癖/Sticky Fingers]]の[[ドロー]]も不発にできる。なお、あくまで[[死亡]]を追放に[[置換]]するだけなので、[[盾カウンター]]対策にはならない。
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==

2022年5月15日 (日) 10:42時点における最新版


Bouncer's Beatdown / 用心棒の荒事 (2)(緑)
インスタント

この呪文が黒のパーマネントを対象としているなら、これを唱えるためのコストは(2)少なくなる。
クリーチャーやプレインズウォーカーのうち1体を対象とする。用心棒の荒事はそれにX点のダメージを与える。Xは、あなたがコントロールしているすべてのクリーチャーのパワーの中の最大値に等しい。このターン、そのクリーチャーやプレインズウォーカーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。


クリーチャープレインズウォーカーに、自分のクリーチャーのパワーの最大値分のダメージを与えるインスタント対象墓地に行かずに追放される上、相手ならコスト減少のおまけ付き。

効果噛みつきに近いが、自分のクリーチャーを対象に取らないのが特徴。これにより、この手のカードにありがちな「格闘を行うクリーチャーを対応して除去されると、対象不適正立ち消えとなってしまいカード・アドバンテージを失う」という弱点をある程度カバーしている。小型の接死持ちと組み合わせるギミックなどには不向きなものの、安定性では勝っていると言えるだろう。

ニューカペナの街角リミテッドにおいては優秀なインスタント除去。追放してくれるのも地味に便利で、奇襲クリーチャーに対してもアドバンテージを失わず、盗み癖/Sticky Fingersドローも不発にできる。なお、あくまで死亡を追放に置換するだけなので、盾カウンター対策にはならない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ニューカペナの街角色対策カードサイクル単色インスタントソーサリーで、特定のパーマネント対象にする際は軽くなる。稀少度アンコモン。括弧内は順にマナ・コストの色、対策する色。

[編集] 参考

QR Code.gif