猟犬

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
13行: 13行:
 
猟犬・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]に[[雑種犬の群/Mongrel Pack]]と[[Jiang Yanggu]]が存在する。
 
猟犬・[[トークン]]を[[生成]]する[[カード]]に[[雑種犬の群/Mongrel Pack]]と[[Jiang Yanggu]]が存在する。
  
[[伝説の]]猟犬・カードは[[今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda]]と[[忠実な相棒、モーウー/Mowu, Loyal Companion]]の2枚が存在するが、Jiang Yangguの[[忠誠度能力]]で生成される'''Mowu'''を含めると3種類存在することになる。
+
[[伝説の]]猟犬・カードは[[今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda]]と[[忠実な相棒、モーウー/Mowu, Loyal Companion]]と[[エイスリオスの番犬、クノロス/Kunoros, Hound of Athreos]]の3枚が存在するが、Jiang Yangguの[[忠誠度能力]]で生成される'''Mowu'''を含めると4種類存在することになる。
  
 
*有名な猟犬としては[[野生の犬/Wild Dogs]]や[[溶岩の猟犬/Lava Hounds]]、[[野生の雑種犬/Wild Mongrel]]が挙げられる。
 
*有名な猟犬としては[[野生の犬/Wild Dogs]]や[[溶岩の猟犬/Lava Hounds]]、[[野生の雑種犬/Wild Mongrel]]が挙げられる。

2020年1月16日 (木) 16:08時点における最新版

猟犬/Houndは、クリーチャー・タイプの1つ。イヌなど現実にも存在する動物の他、犬型の怪物(バーゲストヘルハウンドケルベロスなど)や犬の特徴を有する獣人などがこのクリーチャー・タイプを与えられている。同じイヌ科でもジャッカルは区別されている。


Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 猟犬(Hound)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2


Isamaru, Hound of Konda / 今田家の猟犬、勇丸 (白)
伝説のクリーチャー — 猟犬(Hound)

2/2


Hollowborn Barghest / うろ穴生まれのバーゲスト (5)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon) 猟犬(Hound)

あなたのアップキープの開始時に、あなたの手札にカードが無い場合、各対戦相手は2点のライフを失う。
各対戦相手のアップキープの開始時に、そのプレイヤーの手札にカードが無い場合、そのプレイヤーは2点のライフを失う。

7/6

初出はホームランドGhost Hounds。現実でも馴染み深い狩猟動物のためかコンスタントに登場し、数を増やしている。オデッセイでは2マナ2/2のサイクルが作られた。タルキール覇王譚ブロックではイヌ科の特徴を持つ人型種族アイノク/Ainokが登場した。

  • というクリーチャー・タイプも存在したが、後に猟犬に統合された。ハイエナジャッカルも一時期は猟犬に統合されていたが、独立して復活した際に元に戻された。また、「ジャッカル/Jackal」のカード名を持ちならが猟犬のクリーチャー・タイプで印刷されたクリーチャーはオラクル更新で猟犬からジャッカルに変更されている。

無色アーティファクト・クリーチャーに存在する。小型クリーチャー戦闘向きの能力を持つものが多い。

猟犬・トークン生成するカード雑種犬の群/Mongrel PackJiang Yangguが存在する。

伝説の猟犬・カードは今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda忠実な相棒、モーウー/Mowu, Loyal Companionエイスリオスの番犬、クノロス/Kunoros, Hound of Athreosの3枚が存在するが、Jiang Yangguの忠誠度能力で生成されるMowuを含めると4種類存在することになる。

[編集] ストーリー

[編集] アイノク/Ainok

タルキール/Tarkirに棲息する犬の特徴を持つ亜人種。詳細はアイノク/Ainokを参照。

[編集] ケルベロス/Cerberus

テーロス/Therosに棲息する多頭の犬の怪物。詳細はケルベロス/Cerberusを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif