狼煙上げ/Ignite the Beacon

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
3行: 3行:
 
[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]を2枚[[サーチ]]する[[インスタント]]。[[ゲートウォッチ招致/Call the Gatewatch]]の[[上位種]]。
 
[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]を2枚[[サーチ]]する[[インスタント]]。[[ゲートウォッチ招致/Call the Gatewatch]]の[[上位種]]。
  
{{未評価|灯争大戦}}
+
両方とも[[手札に加える|手札に加わる]]ため単純に[[ハンド・アドバンテージ]]を稼ぐことができる。5マナとやや[[重い]]がインスタントであるため、[[対戦相手]]の[[フルタップ]]の隙などを突いて最大限有利な状況で重量級プレインズウォーカーを[[着地]]させることが可能。また、[[主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless]]や[[嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduit]]など、[[コンボパーツ]]になるが活躍できる状況を選ぶプレインズウォーカーをサーチしてくる用途にも向いている。
  
*カード名のBeaconは同セットの[[次元間の標/Interplanar Beacon]][[ラヴニカのギルド]]の[[標の稲妻/Beacon Bolt]]にあるBeaconと同じものを指しているとみられるが、訳語は統一されていない。
+
[[リミテッド]]では、[[神話レア]]との併用を前提とする[[レア]]のため最低の評価を受けたゲートウォッチ招致と異なり、[[灯争大戦]]では[[アンコモン]]にもプレインズウォーカーが収録され[[ブースターパック]]1つに最低1枚のプレインズウォーカーが含まれる([[変則的な稀少度]])ことから、このカードが腐ることはあまりない。[[シングルシンボル]]であるため[[白]]を[[タッチ]]しただけの[[デッキ]]でも使いやすい。
 +
 
 +
==ストーリー==
 +
[[灯争大戦]]の[[注目のストーリー|注目の第1章]]の1枚({{Gatherer|id=462265}})。
 +
 
 +
市民を[[永遠衆/Eternal|戦慄衆/Dreadhorde]]から守りながら戦う[[ゲートウォッチ/The Gatewatch]]達は、[[ラル・ザレック/Ral Zarek (ストーリー)|ラル・ザレック/Ral Zarek]]ら[[ラヴニカ/Ravnica]]で活動していた[[プレインズウォーカー/Planeswalker]]達と合流する。[[ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet]]の死、[[不滅の太陽/The Immortal Sun (ストーリー)|不滅の太陽/The Immortal Sun]]の起動、[[次元橋/Planar Bridge]]の出現、戦慄衆/Dreadhordeの侵略、[[リリアナ・ヴェス/Liliana Vess (ストーリー)|リリアナ・ヴェス/Liliana Vess]]の裏切りとラヴニカの状況は加速度的に悪化していく中、此処に[[ニコル・ボーラス/Nicol Bolas (ストーリー)|ニコル・ボーラス/Nicol Bolas]]と戦うために10人ものプレインズウォーカーが集まった。[[アジャニ/Ajani]]があげた咆哮は勝鬨の声には早すぎるが、プレインズウォーカー達にその日初めて希望に似た何かを感じさせた。
 +
 
 +
{{フレイバーテキスト|「自分のことを救えないとしても、誰かにチャンスを与えるために戦うのだ。」|黄金のたてがみのアジャニ}}
  
 
==参考==
 
==参考==

2019年11月17日 (日) 09:02時点における最新版


Ignite the Beacon / 狼煙上げ (4)(白)
インスタント

あなたのライブラリーからプレインズウォーカー・カードを最大2枚探し、それらを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。


プレインズウォーカーを2枚サーチするインスタントゲートウォッチ招致/Call the Gatewatch上位種

両方とも手札に加わるため単純にハンド・アドバンテージを稼ぐことができる。5マナとやや重いがインスタントであるため、対戦相手フルタップの隙などを突いて最大限有利な状況で重量級プレインズウォーカーを着地させることが可能。また、主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduitなど、コンボパーツになるが活躍できる状況を選ぶプレインズウォーカーをサーチしてくる用途にも向いている。

リミテッドでは、神話レアとの併用を前提とするレアのため最低の評価を受けたゲートウォッチ招致と異なり、灯争大戦ではアンコモンにもプレインズウォーカーが収録されブースターパック1つに最低1枚のプレインズウォーカーが含まれる(変則的な稀少度)ことから、このカードが腐ることはあまりない。シングルシンボルであるためタッチしただけのデッキでも使いやすい。

[編集] ストーリー

灯争大戦注目の第1章の1枚(イラスト)。

市民を戦慄衆/Dreadhordeから守りながら戦うゲートウォッチ/The Gatewatch達は、ラル・ザレック/Ral Zarekラヴニカ/Ravnicaで活動していたプレインズウォーカー/Planeswalker達と合流する。ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetの死、不滅の太陽/The Immortal Sunの起動、次元橋/Planar Bridgeの出現、戦慄衆/Dreadhordeの侵略、リリアナ・ヴェス/Liliana Vessの裏切りとラヴニカの状況は加速度的に悪化していく中、此処にニコル・ボーラス/Nicol Bolasと戦うために10人ものプレインズウォーカーが集まった。アジャニ/Ajaniがあげた咆哮は勝鬨の声には早すぎるが、プレインズウォーカー達にその日初めて希望に似た何かを感じさせた。

「自分のことを救えないとしても、誰かにチャンスを与えるために戦うのだ。」
黄金のたてがみのアジャニ

[編集] 参考

QR Code.gif