物知りフクロウ/Sage Owl

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[ライブラリー操作]]を内蔵した[[小型クリーチャー|小型]]の[[フライヤー]]。[[ETB]][[能力]]で[[あなた|自分]]の[[ライブラリーの一番上|ライブラリーの上]]から4枚を[[見る|見て]]、それを並び替えることができる。
 
[[ライブラリー操作]]を内蔵した[[小型クリーチャー|小型]]の[[フライヤー]]。[[ETB]][[能力]]で[[あなた|自分]]の[[ライブラリーの一番上|ライブラリーの上]]から4枚を[[見る|見て]]、それを並び替えることができる。
  
[[カード]]は[[引く|引け]]ないため直接的な[[カード・アドバンテージ]]は得られないが、その後のカードを最適な順番で引くことで有利を得ることができ、例えば[[土地事故]]([[マナスクリュー]])を解決することができる。しかし、[[占術]]などと違って不要なカードも[[ライブラリーの一番上]]に戻さなくてはならないため、4枚全部が不要なカードで役に立たないこともある。
+
[[カード]]は[[引く|引け]]ないため直接的な[[カード・アドバンテージ]]は得られないが、その後のカードを最適な順番で引くことで有利を得ることができ、例えば[[土地事故]]([[マナスクリュー]]など)を解決することができる。しかし、[[占術]]などと違って不要なカードも[[ライブラリーの一番上]]に戻さなくてはならないため、4枚全部が不要なカードで役に立たないこともある。
  
 
[[第8版]]と[[神河謀叛]]が同時に[[スタンダード]]で使用できた時期には、よく[[忍術]]の種になっている姿を見かけた。
 
[[第8版]]と[[神河謀叛]]が同時に[[スタンダード]]で使用できた時期には、よく[[忍術]]の種になっている姿を見かけた。
  
*西欧では「[[Wikipedia:ja:ミネルヴァのフクロウ|ミネルヴァのフクロウ]]」など、フクロウは賢智の象徴と認識されており、その文化の影響が伺えるカード。
+
*西欧では「[[Wikipedia:ja:ミネルヴァのフクロウ|ミネルヴァのフクロウ]]」など、フクロウは賢智の象徴と認識されており、その文化の影響が窺えるカード。
 
*[[ウェザーライト]]で{{Gatherer|id=4498}}を担当した[[Mark Poole]]は、自身が描いた[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]最初の[[対抗呪文/Counterspell]]の{{Gatherer|id=102}}を、背景左奥の階段の壁に絵画として紛れ込ませている。<ref>[[Duelist]]誌31号</ref>→[http://www.wizards.com/magic/images/mtgcom/arcana300/SageOwl.jpg 拡大イラスト]
 
*[[ウェザーライト]]で{{Gatherer|id=4498}}を担当した[[Mark Poole]]は、自身が描いた[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]最初の[[対抗呪文/Counterspell]]の{{Gatherer|id=102}}を、背景左奥の階段の壁に絵画として紛れ込ませている。<ref>[[Duelist]]誌31号</ref>→[http://www.wizards.com/magic/images/mtgcom/arcana300/SageOwl.jpg 拡大イラスト]
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==
 
===主な亜種===
 
===主な亜種===
ETBでライブラリーの一番上を操作をするクリーチャー。特記しない限り[[青]]で、4枚見る。
+
ETBでライブラリーの一番上を操作するクリーチャー。特記しない限り[[青]]で、4枚見る。
  
 
そこから[[手札に加える]]事ができるものは[[衝動]]の項を、ライブラリー全体から探して置けるものは[[サーチカード]]の項を、墓地からカードを置くものは[[回収/Reclaim]]の項を参照。
 
そこから[[手札に加える]]事ができるものは[[衝動]]の項を、ライブラリー全体から探して置けるものは[[サーチカード]]の項を、墓地からカードを置くものは[[回収/Reclaim]]の項を参照。

2019年10月12日 (土) 12:52時点における最新版


Sage Owl / 物知りフクロウ (1)(青)
クリーチャー — 鳥(Bird)

飛行(このクリーチャーは飛行や到達を持たないクリーチャーによってはブロックされない。)
物知りフクロウが戦場に出たとき、あなたのライブラリーのカードを上から4枚見る。その後それらを望む順番で戻す。

1/1

ライブラリー操作を内蔵した小型フライヤーETB能力自分ライブラリーの上から4枚を見て、それを並び替えることができる。

カード引けないため直接的なカード・アドバンテージは得られないが、その後のカードを最適な順番で引くことで有利を得ることができ、例えば土地事故マナスクリューなど)を解決することができる。しかし、占術などと違って不要なカードもライブラリーの一番上に戻さなくてはならないため、4枚全部が不要なカードで役に立たないこともある。

第8版神河謀叛が同時にスタンダードで使用できた時期には、よく忍術の種になっている姿を見かけた。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

ETBでライブラリーの一番上を操作するクリーチャー。特記しない限りで、4枚見る。

そこから手札に加える事ができるものは衝動の項を、ライブラリー全体から探して置けるものはサーチカードの項を、墓地からカードを置くものは回収/Reclaimの項を参照。

飛行を持つ、直系の亜種
飛行以外
その他

[編集] 脚注

  1. Duelist誌31号

[編集] 参考

QR Code.gif