灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ob Nixilis Reignited / 灯の再覚醒、オブ・ニクシリス (3)(黒)(黒)
プレインズウォーカー — ニクシリス(Nixilis)

[+1]:あなたはカードを1枚引き、1点のライフを失う。
[-3]:クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
[-8]:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは「プレイヤー1人がカードを1枚引くたび、あなたは2点のライフを失う。」を持つ紋章を得る。

5

プレインズウォーカーとして再登場したニクシリス忠誠度能力ライフロスを伴うドロークリーチャー破壊ライフ失う紋章の押しつけ。

+1能力
ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena誘発型能力などと同等の、ライフロスを伴うドロー。
確実にハンド・アドバンテージを得ることができ、このカードの中核となる忠誠度能力。戦場に出てすぐ起動すれば火力クリーチャー攻撃除去されにくい忠誠度6まで持って行けるのも魅力。
-3能力
殺害/Murder相当のクリーチャー除去。
シンプルながら戦場の脅威を排除できる強力な忠誠度能力。忠誠カウンターの消費が大きく連打が難しい能力なので、対象は慎重に選びたい。
-8能力
「いずれかのプレイヤーがカードを引くたびに2点のライフを失う」というペナルティ能力を持つ紋章を、対戦相手に押し付ける。
誰がカードを引いても誘発するため、ドロー・ステップのドローだけでもターンが1巡する間に4点のライフを失う計算になる。ライフが減るスピードが著しく早い上、防ぐ手段もほぼ存在しないため決定力は非常に高い。
反面、盤面に触れることはできずカード・アドバンテージなども得られないため、ある程度コントロールを確立した状況で選択したい。特に対戦相手が大量のライフを抱えている場合などは、あえてこれを起動せず+1能力や-3能力で盤面を有利にしていくのも手。

5マナとやや重いが、毎ターンのカード・アドバンテージ、除去による自衛、高い決定力とクセが無い堅実な能力が揃っている。スタンダードではエスパータップアウトコントロール黒緑型のエルドラージ・ランプなどの重いカードを扱えるデッキで結果を残す。カラデシュ・ブロック期は黒緑ビートダウンサイドボードに見られる。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkの再点灯に成功したオブ・ニクシリス/Ob Nixilis

詳細はオブ・ニクシリス/Ob Nixilisを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif