海蛇

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
11行: 11行:
 
「巨体だが生息地域が限定される」というフレイバーが重視されているためか、その多くが何らかの条件を満たしていないと[[攻撃]]できない[[ペナルティ能力]]([[攻撃制限]])を持つ、[[中堅クリーチャー|中型]]~[[大型クリーチャー]]である。[[生息条件|生息条件(島)]]を持っていたものも何体かいる。
 
「巨体だが生息地域が限定される」というフレイバーが重視されているためか、その多くが何らかの条件を満たしていないと[[攻撃]]できない[[ペナルティ能力]]([[攻撃制限]])を持つ、[[中堅クリーチャー|中型]]~[[大型クリーチャー]]である。[[生息条件|生息条件(島)]]を持っていたものも何体かいる。
  
[[部族カード]]としては[[クラーケン]]・[[リバイアサン]]・[[タコ]]と兼用で[[ウーラの寺院の探索/Quest for Ula's Temple]]、および[[圧倒的な波/Whelming Wave]]が存在する。また、それらのタイプにさらに[[マーフォーク]]を加えた[[上昇底流、スリン・ヴォーダ/Slinn Voda, the Rising Deep]]も存在する。
+
[[部族カード]]としては[[クラーケン]]・[[リバイアサン]]・[[タコ]]と兼用で[[ウーラの寺院の探索/Quest for Ula's Temple]][[圧倒的な波/Whelming Wave]]、[[最深淵の海蛇/Serpent of Yawning Depths]]が存在する。また、それらのタイプにさらに[[マーフォーク]]を加えた[[上昇底流、スリン・ヴォーダ/Slinn Voda, the Rising Deep]]も存在する。
  
 
[[伝説の]]海蛇は[[タニーワ/Taniwha]]のみ。
 
[[伝説の]]海蛇は[[タニーワ/Taniwha]]のみ。

2020年1月16日 (木) 17:31時点における最新版

海蛇/Serpentは、クリーチャー・タイプの1つ。現実に生息するウミヘビ科ではなく、伝説上のシーサーペントが由来のクリーチャー


Sea Serpent / 大海蛇 (5)(青)
クリーチャー — 海蛇(Serpent)

大海蛇は防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしていないかぎり、攻撃できない。
あなたが島をコントロールしていないとき、大海蛇を生け贄に捧げる。

5/5


Taniwha / タニーワ (3)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 海蛇(Serpent)

トランプル
フェイジング(これはあなたの各アンタップ・ステップの間であなたがアンタップする前にフェイズ・インまたはフェイズ・アウトする。それがフェイズ・アウトしている間、それはそれが存在しないかのように扱う。)
あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールするすべての土地はフェイズ・アウトする。(それらはあなたの次のアンタップ・ステップの間であなたがアンタップする前にフェイズ・インする。)

7/7


Lightning Serpent / 稲妻の大蛇 (X)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) 海蛇(Serpent)

トランプル、速攻
稲妻の大蛇はその上にX個の+1/+0カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
終了ステップの開始時に、稲妻の大蛇を生け贄に捧げる。

2/1

初出はリミテッド・エディション大海蛇/Sea Serpent。一時期水棲生物全般がカード化されなくなっていた事情があり(マーフォークの項を参照)、このサブタイプのクリーチャーもオデッセイ夢繰り/Dreamwinderを最後に永らく新種が作られず、シー・モンスター/Sea Monster基本セットに入り続けているのみであった。だが時のらせんブロックで新種が登場したのを皮切りに、少数ずつではあるが数を増やしている。

そのイメージ通りほぼのカードだが、青黒単色単色にも1枚ずつ存在する。

「巨体だが生息地域が限定される」というフレイバーが重視されているためか、その多くが何らかの条件を満たしていないと攻撃できないペナルティ能力攻撃制限)を持つ、中型大型クリーチャーである。生息条件(島)を持っていたものも何体かいる。

部族カードとしてはクラーケンリバイアサンタコと兼用でウーラの寺院の探索/Quest for Ula's Temple圧倒的な波/Whelming Wave最深淵の海蛇/Serpent of Yawning Depthsが存在する。また、それらのタイプにさらにマーフォークを加えた上昇底流、スリン・ヴォーダ/Slinn Voda, the Rising Deepも存在する。

伝説の海蛇はタニーワ/Taniwhaのみ。

  • かつては「水中に潜む大型の生物」としてクラーケンやリバイアサンなどと同一視されることも多く、その境界は非常に曖昧であった。クリーチャー・タイプ大再編ではそれまで海蛇だったMarjhanセゴビアの大怪魚/Segovian Leviathanがリバイアサンになり、「水中に潜む大型の蛇型生物」としてのイメージを確固とした。
    • 後にMarjhanは再び海蛇に戻された。
  • 本来「Serpent」は海蛇に限定されず大型の蛇全般を指す単語である。カードでも川蛇/River Serpent沼の大蛇/Bog Serpentなど海以外の場所にいる大蛇をイメージして作られたカードの名前では海蛇と訳されていない。
  • 石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpentは、カード名に海蛇(Serpent)を含むにも関わらず海蛇のサブタイプを持たない奇妙なクリーチャーである。

[編集] 参考

QR Code.gif