沼地の王ソルカナー/Sol'kanar the Swamp King

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sol'kanar the Swamp King / 沼地の王ソルカナー (2)(青)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)

沼渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが沼(Swamp)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
プレイヤー1人が黒の呪文を唱えるたび、あなたは1点のライフを得る。

5/5

レジェンド伝説のクリーチャー。さすが沼地の王というだけはあり、悪魔の角/Demon's Hornを内蔵し、回避能力渡りまでも持つ。さらに、色拘束が強いとはいえ、5マナ5/5とコスト・パフォーマンスも悪くない。レジェンドの伝説のクリーチャーの中ではかなりまともな性能である。

レジェンドやクロニクルスタンダードで使用可能だった当時、5マナ5/5でボーナス能力2つペナルティ能力なしというのは破格の性能だった。当時の基本クリーチャーであるアーナム・ジン/Erhnam Djinnに一方的に勝て、稲妻/Lightning Bolt恐怖/Terrorで死なないのだから、相当によいスペックである。

当時これが採用され辛かった一番の理由は多色マナ・コストであった。今でこそ3以上の多色デッキは当たり前のように存在するが、当時は2色以上出せるトーナメントレベルの土地ペインランド真鍮の都/City of Brassくらいしかなく、かつの有力カードが軒並みダブルシンボル以上に集中していたため、この色の組み合わせで3色デッキなど作れる環境ではなかったのである。

[編集] ストーリー

沼地の王ソルカナー/Sol'kanar the Swamp Kingは、元々コロンドール/Corondor大陸東部Golthonor(ゴルソノア)地方にあるKhone(コーン)の森を守護するスピリットだった。ガイヤドローン・ディーハダ/Geyadrone Dihadaにより森が不浄な沼地に変化させられると、堕落してこの姿となった。

以来、ディーハダの下僕として働き、”黒き剣/Blackblade”を振るう。ダッコン/Dakkonに打ち負かされ黒き剣を失うが、その後もディーハダに従い続けた。

[編集] 登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif