永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


永遠衆/Eternalとなったバントゥ/Bontu戦場に出たとき他のパーマネント手札に変換する能力を持つ。

良好なマナレシオに中盤以降の余った土地などの不要牌を有効牌に変えられる可能性のあるETB能力は、アグロデッキに向いている。

灯争大戦発売後は黒赤ビートダウン白黒ビートダウンに少数ながら採用され、メタゲームの中心とは行かないまでも結果を出している。特に能動的にクリーチャー生贄に捧げるアリストクラッツ戦略とは非常に相性がよく、真夜中の死神/Midnight Reaper災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Divaといったカードと組み合わせれば莫大なアドバンテージを生み出すことができる。軍勢の戦親分/Legion Warbossのようなトークン生成するクリーチャーや、どぶ骨/Gutterbonesのような墓地回収能力を内蔵したクリーチャーとも相性が良い。

ただし十分構築級のカードパワーを持っている一方で、夜の騎兵/Cavalier of Nightなど同マナ域にライバルが存在したり、これと相性の良い黒絡みのビートダウンデッキが少ないといった環境にやや恵まれていない面もある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャーで、戦場から墓地追放領域に置かれたときにライブラリーの一番上から3枚目に戻る誘発型能力を持つ。

猪の祟神、イルハグ以外はゾンビ・神で、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasの配下となったアモンケット/Amonkhetの神々を表している。

[編集] ストーリー

詳細はバントゥ/Bontuを参照。

[編集] 参考

  1. Magic: The Gathering's Comic-Con Exclusive Brings Forth Gods, Dragons, and Dragon Gods(ニュースサイト「GIZMODO」 2019年6月26日)
QR Code.gif