永遠の大釜/The Cauldron of Eternity

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(モチーフとしてより近い「再生の大釜」に関する記述を加筆)
3行: 3行:
 
[[エルドレイン/Eldraine#ロークスワイン/Locthwain|ロークスワイン/Locthwain]]の[[伝説のアーティファクト]]。[[墓地]]の[[クリーチャー]]の数だけ[[コスト]]が減る、[[リアニメイト]]・エンジン。
 
[[エルドレイン/Eldraine#ロークスワイン/Locthwain|ロークスワイン/Locthwain]]の[[伝説のアーティファクト]]。[[墓地]]の[[クリーチャー]]の数だけ[[コスト]]が減る、[[リアニメイト]]・エンジン。
  
{{未評価|エルドレインの王権}}
+
最低2[[マナ]]で[[唱える]]ことができ、3マナ+[[ライフ]]2点+[[タップ]]で繰り返しリアニメイトできるという効率はかなりのもの。唱えた[[ターン]]から実質5マナのリアニメイトとなるため、コスト軽減が万全なら[[テンポ]]も悪くない。
 +
 
 +
繰り返しリアニメイトをしたい[[デッキ]]ならクリーチャーの数自体もそれなりに多くなりがちであり、5枚落とすだけでコスト軽減が完了するのであればそれほど厳しい手順ではないだろう。
 +
 
 +
ただし、[[戦場]]にある限り[[死亡]]した自軍クリーチャーが墓地ではなく[[ライブラリー]]に返されてしまうというデメリットがある。墓地[[リソース]]が徐々に失われてしまうため、早めに出した結果、リアニメイトしたクリーチャーに即時対応されるのを繰り返しているうちに打ち止めになってしまった、という展開が考えられる。もっとも、あくまで死亡限定なので、戦場を経由しない墓地肥やし手段によって補充することはできる。
 +
 
 +
[[リミテッド]]で上手く出せた場合の強力さは疑いようもない。とはいえコストが減らないと間違いなく[[腐る]]ので、できれば墓地肥やしのできる[[青黒]]で組みたいところ。
 +
 
 +
*[[銀枠]]でもクリーチャーでもないアーティファクトとしては最大の[[点数で見たマナ・コスト]]を持つ。登場時の[[スタンダード]]でも同居する[[大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator]]で[[ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus]]をも超える[[ファッティ]]に変えることも可能。
  
 
*モチーフは、中世西ヨーロッパの[[Wikipedia:ja:聖杯伝説|聖杯伝説]]に登場する「[[Wikipedia:ja:聖杯|聖杯]]」<ref>[https://markrosewater.tumblr.com/post/187767376213/i-understand-that-not-everything-could-be-mono I understand that not everything could be mono...]([[Blogatog]] [[2019年]]9月16日)</ref>、及び[[Wikipedia:ja:マビノギオン|マビノギオン]]『[[Wikipedia:ja:スィールの娘ブランウェン|スィールの娘ブランウェン]]』『[[Wikipedia:en:Peredur son of Efrawg|エヴラウグの息子ペレドゥルの物語]]』に登場した「[[Wikipedia:en:Pair_Dadeni|再生の大釜(''The Cauldron of Rebirth'')]]」だろう。「聖杯」は傷病を癒すなどの奇跡を起こし、「再生の大釜」は[[リアニメイト|死者を蘇らせる]]力を持つ。
 
*モチーフは、中世西ヨーロッパの[[Wikipedia:ja:聖杯伝説|聖杯伝説]]に登場する「[[Wikipedia:ja:聖杯|聖杯]]」<ref>[https://markrosewater.tumblr.com/post/187767376213/i-understand-that-not-everything-could-be-mono I understand that not everything could be mono...]([[Blogatog]] [[2019年]]9月16日)</ref>、及び[[Wikipedia:ja:マビノギオン|マビノギオン]]『[[Wikipedia:ja:スィールの娘ブランウェン|スィールの娘ブランウェン]]』『[[Wikipedia:en:Peredur son of Efrawg|エヴラウグの息子ペレドゥルの物語]]』に登場した「[[Wikipedia:en:Pair_Dadeni|再生の大釜(''The Cauldron of Rebirth'')]]」だろう。「聖杯」は傷病を癒すなどの奇跡を起こし、「再生の大釜」は[[リアニメイト|死者を蘇らせる]]力を持つ。

2019年10月12日 (土) 22:44時点における版


The Cauldron of Eternity / 永遠の大釜 (10)(黒)(黒)
伝説のアーティファクト

この呪文を唱えるためのコストは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき(2)少なくなる。
あなたがコントロールしているクリーチャーが1体死亡するたび、それをオーナーのライブラリーの一番下に置く。
(2)(黒),(T),2点のライフを支払う:あなたの墓地からクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


ロークスワイン/Locthwain伝説のアーティファクト墓地クリーチャーの数だけコストが減る、リアニメイト・エンジン。

最低2マナ唱えることができ、3マナ+ライフ2点+タップで繰り返しリアニメイトできるという効率はかなりのもの。唱えたターンから実質5マナのリアニメイトとなるため、コスト軽減が万全ならテンポも悪くない。

繰り返しリアニメイトをしたいデッキならクリーチャーの数自体もそれなりに多くなりがちであり、5枚落とすだけでコスト軽減が完了するのであればそれほど厳しい手順ではないだろう。

ただし、戦場にある限り死亡した自軍クリーチャーが墓地ではなくライブラリーに返されてしまうというデメリットがある。墓地リソースが徐々に失われてしまうため、早めに出した結果、リアニメイトしたクリーチャーに即時対応されるのを繰り返しているうちに打ち止めになってしまった、という展開が考えられる。もっとも、あくまで死亡限定なので、戦場を経由しない墓地肥やし手段によって補充することはできる。

リミテッドで上手く出せた場合の強力さは疑いようもない。とはいえコストが減らないと間違いなく腐るので、できれば墓地肥やしのできる青黒で組みたいところ。

関連カード

サイクル

エルドレインの王権伝説のアーティファクトサイクル。各に1枚ずつ存在する有色アーティファクトで、何かの数に応じて唱えるためのコストが少なくなる。稀少度神話レア

ストーリー上は、いずれもエルドレイン/Eldraineの五つの宮廷それぞれにとっての重要なアイテムである。

脚注

  1. I understand that not everything could be mono...Blogatog 2019年9月16日)

ストーリー

永遠の大釜/The Cauldron of Eternityは、ロークスワイン/Locthwainがかつて所有していた秘宝。生者に永遠の若さを与え、死者をも蘇らせるという。大釜を失って以来、ロークスワイン城/Castle Locthwainは宙に浮いたままとなっている。この秘宝を求めて探索に赴き、命を落とす騎士は後を絶たない。

参考

QR Code.gif