水晶壊し/Gemrazer

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[変容]]するたびに[[帰化/Naturalize]]できる[[ビースト]]。
 
[[変容]]するたびに[[帰化/Naturalize]]できる[[ビースト]]。
  
さしずめ、変容版[[再利用の賢者/Reclamation Sage]]といった立場。変容の種になる[[クリーチャー]]が必要だが、3マナきっかりで[[破壊]]でき、何より自身を[[生け贄]]に捧げなくてもよいのが強み。ただし、変容で[[誘発]]させる都合上、単体で見るとこちらも[[カード・アドバンテージ]]にはならない。
+
さしずめ、変容版[[再利用の賢者/Reclamation Sage]]といった立場。変容の種になる[[クリーチャー]]が必要だが、3マナきっかりで[[破壊]]でき、何より自身を[[生け贄]]に捧げなくてもよいのが強み。ただし、変容で[[誘発]]させる都合上、単体で見るとこちらは[[カード・アドバンテージ]]にはならない。
  
 
そのまま唱えても4マナ4/4+[[キーワード能力]]2つと本体性能は良好と言えるが、やはり本領は変容との[[シナジー]]あってこそのカードと言える。仮に[[置物]]の破壊を考えなくても、小型クリーチャーの供給は必要なものの早期に出せる低コストの中堅クリーチャーとして考えても良いし、変容先がこのクリーチャーより[[P/T]]が高い大型クリーチャーだったとしても、[[トランプル]]と[[到達]]という攻守に使える大型クリーチャー向きな能力が付与されると考えるならそう悪くはない。
 
そのまま唱えても4マナ4/4+[[キーワード能力]]2つと本体性能は良好と言えるが、やはり本領は変容との[[シナジー]]あってこそのカードと言える。仮に[[置物]]の破壊を考えなくても、小型クリーチャーの供給は必要なものの早期に出せる低コストの中堅クリーチャーとして考えても良いし、変容先がこのクリーチャーより[[P/T]]が高い大型クリーチャーだったとしても、[[トランプル]]と[[到達]]という攻守に使える大型クリーチャー向きな能力が付与されると考えるならそう悪くはない。

2020年7月1日 (水) 19:56時点における最新版


Gemrazer / 水晶壊し (3)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

変容(1)(緑)(緑)(あなたがこの呪文をこれの変容コストで唱えるなら、あなたがオーナーであり人間(Human)でないクリーチャー1体を対象とし、これをそれの上か下に置く。これらは、一番上のクリーチャーにその下にある能力すべてを加えたものに変容する。)
到達、トランプル
このクリーチャーが変容するたび、対戦相手がコントロールしている、アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

4/4

変容するたびに帰化/Naturalizeできるビースト

さしずめ、変容版再利用の賢者/Reclamation Sageといった立場。変容の種になるクリーチャーが必要だが、3マナきっかりで破壊でき、何より自身を生け贄に捧げなくてもよいのが強み。ただし、変容で誘発させる都合上、単体で見るとこちらはカード・アドバンテージにはならない。

そのまま唱えても4マナ4/4+キーワード能力2つと本体性能は良好と言えるが、やはり本領は変容とのシナジーあってこそのカードと言える。仮に置物の破壊を考えなくても、小型クリーチャーの供給は必要なものの早期に出せる低コストの中堅クリーチャーとして考えても良いし、変容先がこのクリーチャーよりP/Tが高い大型クリーチャーだったとしても、トランプル到達という攻守に使える大型クリーチャー向きな能力が付与されると考えるならそう悪くはない。

環境柄エンチャントアーティファクトを採用しているデッキが多いため能力が空振りにくいのと、1ターン目に樹上の草食獣/Arboreal Grazerを出し2ターン目から4/4でライフを詰めていく動きも強力なため、登場時のスタンダードでは赤緑型の創案の火デッキにて採用されている。

リミテッドでは能力が空振りしてもソツのない性能なので、を含むなら入れておいて損のないカード。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イコリア:巨獣の棲処レア変容クリーチャーサイクル

[編集] ゴジラシリーズ・カード

ゴジラシリーズ・カード版は装甲暴龍、アンギラス/Anguirus, Armored Killerイラスト)。

  • アンギラスは恐竜アンキロサウルスが水爆実験の影響で変容した怪獣。ゴジラシリーズで一番最初にゴジラと戦った怪獣である。『ゴジラの逆襲』ではゴジラと死闘を繰り広げたが、以降のゴジラシリーズにおいてはゴジラの相棒的なポジションとして活躍している。『怪獣総進撃』では飛び上がろうとしたキングギドラの首に噛みついたり、『ゴジラ FINAL WARS』では地球防衛軍の空中戦艦・火龍をボール型に変形しての体当たりで撃墜したりと、空中の相手とも互角に渡り合えるほどの俊敏性が武器。

[編集] 参考

QR Code.gif