残響する真実/Echoing Truth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Echoing Truth / 残響する真実 (1)(青)
インスタント

土地でないパーマネント1つを対象とする。それと、そのパーマネントと同じ名前を持つ他のすべてのパーマネントを、オーナーの手札に戻す。


の残響は、土地以外のパーマネントに対するバウンス。のちの分散/Disperseのバリエーションの一つ。

ブーメラン/Boomerangのようにマナ拘束にこそ使えないが、シングルシンボル2マナかつ汎用性も高め。正義の命令/Decree of Justiceによるトークンの群れなどを一掃できるのも強みである。当時の青いデッキではよく使われていた。

モダンエターナルにおいても、都合の悪いパーマネントを一時的に排除するためによく使われている。複数枚戦場に並んでいても1枚で対処可能なので、特にコンボデッキでは重宝される。狡猾な願い/Cunning Wishからサーチされることも多い。

Pauperではストームに対する貴重な対抗策のひとつ。巣穴からの総出/Empty the Warrensに対して決定打となる。また、複数枚のCIP能力持ちを戻せばアドバンテージを稼ぎやすい。

関連カード

サイクル

ダークスティールの「残響する」呪文サイクル。同じ名前を持つパーマネントに影響を与える2マナ呪文。

参考

QR Code.gif