残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
3行: 3行:
 
[[ライブラリー操作]][[能力]]を持ち[[昂揚]]で[[サイズ]]アップする[[クリーチャー]]。
 
[[ライブラリー操作]][[能力]]を持ち[[昂揚]]で[[サイズ]]アップする[[クリーチャー]]。
  
[[サボタージュ能力]]は[[手札]]は増えないが、[[墓地]]を[[肥やす]][[占術]]3と考えれば2マナのカードとしては破格の能力。[[トランプル]]でサボタージュ能力が[[誘発]]しやすく、[[肥やす|肥やした]][[墓地]]で昂揚が達成しやすくなると各[[能力]]が[[シナジー]]している。昂揚達成後のポテンシャルの高さや墓地に依存してサイズアップする事から、5枚目以降の(あるいは[[スタンダード]]に還って来た)[[タルモゴイフ/Tarmogoyf]]とする声もあり、[[モダン]]では早速[[ジャンドコントロール#モダン|ジャンド]]や[[黒緑白ビートダウン#モダン|アブザンミッドレンジ]]に採用されて結果を出している。
+
[[サボタージュ能力]]は[[手札]]こそ増えないが、[[墓地]]を[[肥やす]][[占術]]3(あるいは後の[[諜報]]3)と考えれば2マナのカードとしては破格の能力。[[トランプル]]でサボタージュ能力が[[誘発]]しやすく、[[肥やす|肥やした]][[墓地]]で昂揚が達成しやすくなると各[[能力]]が[[シナジー]]している。昂揚達成後のポテンシャルの高さや墓地に依存してサイズアップする事から、5枚目以降の(あるいは[[スタンダード]]に還って来た)[[タルモゴイフ/Tarmogoyf]]とする声もあり、[[モダン]]では早速[[ジャンドコントロール#モダン|ジャンド]]や[[黒緑白ビートダウン#モダン|アブザンミッドレンジ]]に採用されて結果を出している。
  
スタンダードでは[[ミッドレンジ]]タイプの[[黒緑昂揚]][[デッキ]]に採用されている。
+
スタンダードでは[[ミッドレンジ]]タイプの[[黒緑昂揚]][[デッキ]]に採用された。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:異界月]] - [[神話レア]]
 
*[[カード個別評価:異界月]] - [[神話レア]]

2019年9月9日 (月) 22:34時点における最新版


Grim Flayer / 残忍な剥ぎ取り (黒)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

トランプル
残忍な剥ぎ取りがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚見る。そのうちの望む枚数をあなたの墓地に置き、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。
昂揚 ― あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるかぎり、残忍な剥ぎ取りは+2/+2の修整を受ける。

2/2

ライブラリー操作能力を持ち昂揚サイズアップするクリーチャー

サボタージュ能力手札こそ増えないが、墓地肥やす占術3(あるいは後の諜報3)と考えれば2マナのカードとしては破格の能力。トランプルでサボタージュ能力が誘発しやすく、肥やした墓地で昂揚が達成しやすくなると各能力シナジーしている。昂揚達成後のポテンシャルの高さや墓地に依存してサイズアップする事から、5枚目以降の(あるいはスタンダードに還って来た)タルモゴイフ/Tarmogoyfとする声もあり、モダンでは早速ジャンドアブザンミッドレンジに採用されて結果を出している。

スタンダードではミッドレンジタイプの黒緑昂揚デッキに採用された。

[編集] 参考

QR Code.gif