武器置き台/Weapon Rack

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「{{#card:Weapon Rack}} {{未評価|エルドレインの王権}} ==参考== *カード個別評価:エルドレインの王権 - コモン」)
 
1行: 1行:
 
{{#card:Weapon Rack}}
 
{{#card:Weapon Rack}}
  
{{未評価|エルドレインの王権}}
+
3本の武器が収納されているが、1[[ターン]]毎に1本ずつしか取り出せない家具を丸ごと[[戦場]]に持ち込む[[アーティファクト]]。[[アフィヤの樹/Afiya Grove]]のリメイクとも言える。
 +
 
 +
どの[[デッキカラー]]でも使用できる、[[+1/+1カウンター]]による永続的な[[クリーチャー]][[強化]]ができる[[カード]]。設置に4[[マナ]]かかり、強化のペースもゆったりとしている。[[ドラゴンの血/Dragon Blood]]と比べると追加の[[マナ]]を必要としないのは優れているが、[[カウンター (目印)|カウンター]]を使い切ってしまうと文字通りの[[置物]]になってしまうのが難点。また[[能力]]を[[起動]]できるのが[[ソーサリー・タイミング]]に限定されており、[[コンバット・トリック]]のように使うこともできない。[[構築]]水準で見るとあまり強力とは言い難いカード。
 +
 
 +
翻って[[リミテッド]]では、[[ジンジャーブルート/Gingerbrute]]のような適当な[[回避能力]]持ちを強化するだけでもまずまずの働きをしてくれる。アーティファクトと[[エンチャント]]をテーマとする[[白青]]ではクリーチャーの線の細さを補いつつアーティファクトを水増しできるほか、+1/+1カウンターを消費して戦う[[誓いを立てた騎士/Oathsworn Knight]]、[[二段攻撃]]を持つ[[怒り狂うレッドキャップ/Raging Redcap]]など、[[シナジー]]を形成できるカードが複数存在している。
 +
 
 +
*[[鋸刃の矢/Serrated Arrows]]とは共通点が多く、置くカウンターが-1/-1カウンターから+1/+1カウンターになった逆バージョンと言える。
 +
*[[蓄積カウンター]]のようなものを消費して+1/+1カウンターを生み出すのではなく、+1/+1カウンターが直接乗った状態で戦場に出る珍しいアーティファクト。こうしたデザインは、[[紙|テーブルトップ]]におけるカウンター管理の煩雑さを解消する働きがある。
 +
*何らかの理由でこれ自体が[[クリーチャー化]]すれば、+1/+1カウンターの恩恵を得られるようになる。例えば[[動かすフェアリー/Animating Faerie|命の吹き込み/Bring to Life]]で「動かして」やると7/7クリーチャーに化けることになる。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[コモン]]

2019年10月13日 (日) 09:16時点における版


Weapon Rack / 武器置き台 (4)
アーティファクト

武器置き台は+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
(T):クリーチャー1体を対象とし、武器置き台の上に置かれている+1/+1カウンターを1個、それの上に移動する。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


3本の武器が収納されているが、1ターン毎に1本ずつしか取り出せない家具を丸ごと戦場に持ち込むアーティファクトアフィヤの樹/Afiya Groveのリメイクとも言える。

どのデッキカラーでも使用できる、+1/+1カウンターによる永続的なクリーチャー強化ができるカード。設置に4マナかかり、強化のペースもゆったりとしている。ドラゴンの血/Dragon Bloodと比べると追加のマナを必要としないのは優れているが、カウンターを使い切ってしまうと文字通りの置物になってしまうのが難点。また能力起動できるのがソーサリー・タイミングに限定されており、コンバット・トリックのように使うこともできない。構築水準で見るとあまり強力とは言い難いカード。

翻ってリミテッドでは、ジンジャーブルート/Gingerbruteのような適当な回避能力持ちを強化するだけでもまずまずの働きをしてくれる。アーティファクトとエンチャントをテーマとする白青ではクリーチャーの線の細さを補いつつアーティファクトを水増しできるほか、+1/+1カウンターを消費して戦う誓いを立てた騎士/Oathsworn Knight二段攻撃を持つ怒り狂うレッドキャップ/Raging Redcapなど、シナジーを形成できるカードが複数存在している。

  • 鋸刃の矢/Serrated Arrowsとは共通点が多く、置くカウンターが-1/-1カウンターから+1/+1カウンターになった逆バージョンと言える。
  • 蓄積カウンターのようなものを消費して+1/+1カウンターを生み出すのではなく、+1/+1カウンターが直接乗った状態で戦場に出る珍しいアーティファクト。こうしたデザインは、テーブルトップにおけるカウンター管理の煩雑さを解消する働きがある。
  • 何らかの理由でこれ自体がクリーチャー化すれば、+1/+1カウンターの恩恵を得られるようになる。例えば命の吹き込み/Bring to Lifeで「動かして」やると7/7クリーチャーに化けることになる。

参考

QR Code.gif