検閲/Censor

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(Censorshipに言及)
 
1行: 1行:
 
{{#card:Censor}}
 
{{#card:Censor}}
  
[[誤算/Miscalculation]]の亜種である[[サイクリング]]付き[[打ち消し]][[呪文]]。
+
[[誤算/Miscalculation]]の亜種である[[サイクリング]]付き[[打ち消す|打ち消し]][[呪文]]。
  
 
誤算と比べると有効な局面が制限される一方サイクリングの隙は小さくなっており、より[[テンポ]]重視の[[カード]]となっている。[[対抗呪文/Counterspell]]と同輩だった誤算と違い登場時の[[スタンダード]]には2[[マナ]]域の打ち消し呪文は[[条件付きカウンターカード]]か[[バウンス]]しか無いため、相対的にも評価は高い。
 
誤算と比べると有効な局面が制限される一方サイクリングの隙は小さくなっており、より[[テンポ]]重視の[[カード]]となっている。[[対抗呪文/Counterspell]]と同輩だった誤算と違い登場時の[[スタンダード]]には2[[マナ]]域の打ち消し呪文は[[条件付きカウンターカード]]か[[バウンス]]しか無いため、相対的にも評価は高い。

2019年8月16日 (金) 03:34時点における最新版


Censor / 検閲 (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とする。それのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、それを打ち消す。
サイクリング(青)((青),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)


誤算/Miscalculationの亜種であるサイクリング付き打ち消し呪文

誤算と比べると有効な局面が制限される一方サイクリングの隙は小さくなっており、よりテンポ重視のカードとなっている。対抗呪文/Counterspellと同輩だった誤算と違い登場時のスタンダードには2マナ域の打ち消し呪文は条件付きカウンターカードバウンスしか無いため、相対的にも評価は高い。

スタンダードでは霊気池の驚異青赤コントロールなど各種コントロールデッキに採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif