東の樹の木霊/Kodama of the East Tree

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kodama of the East Tree / 東の樹の木霊 (4)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — スピリット(Spirit)

到達
他のパーマネントが1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、それがこの能力によって戦場に出たのではなかった場合、あなたはあなたの手札から点数で見たマナ・コストがそれ以下であるパーマネント・カード1枚を戦場に出してもよい。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)

6/6

長きにわたって不揃いだった伝説のスピリットである木霊サイクルの東。到達共闘を持ち、パーマネント戦場に出すとオマケでもう1枚出すことができる。

単純に土地を出すだけでも踏査/Exploration相当になる。もちろん高マナ・コストのパーマネントを展開できればなお強力だが、これ自体が6マナと重く、高タフネス以外の除去耐性はない点は注意が必要。

自身の能力で出したパーマネントでは誘発しないので簡単には無限コンボにならないが、パーマネントを手札に戻す能力(例:バウンスランド開門)や、マナ・コストを支払わずにパーマネントを戦場に出す効果(例:アロサウルス乗り/Allosaurus Rider)などと相性が良い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者レジェンズレア単色伝説のクリーチャーサイクル。いずれも共闘を持つ。

木霊のメガ・サイクル。いずれも単色伝説のスピリットで、能力に特に共通点はない。稀少度レア

神河物語で「南」と「北」が、続く神河謀叛では「中」が登場。設定上は東・西・南・北・中の五本の樹が存在して季節になぞらえた性格付けもされていた(詳細は公式記事Land of Ten-Thousand Legends/一万の伝説の地 (Internet Archive)を参照)が、神河ブロックでは東と西は結局登場しなかった。その後、時を経た統率者レジェンズで「東」が追加された。

[編集] 参考

QR Code.gif