朽ちゆくレギサウルス/Rotting Regisaur

提供:MTG Wiki

2019年10月22日 (火) 11:40時点におけるブラー (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Rotting Regisaur / 朽ちゆくレギサウルス (2)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) 恐竜(Dinosaur)

あなたのアップキープの開始時に、カード1枚を捨てる。

7/6

3マナマナレシオ2以上という規格外のサイズを持つ恐竜ゾンビ

アップキープごとに手札捨てるペナルティは無視できない厳しさだがそのサイズは圧巻。ただし、回避能力を持たず、を複数展開されるとダメージを与えられないまま手札を失い続けてジリ貧に持ち込まれる可能性があるため、回避能力を付与したりが得意とする除去で道をこじ開けたりして補助したい。あるいはドスン/Thud重力殴打/Gravitic Punch原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hungerなどパワーを参照するカードとの併用も考えられる。

スタンダードでは同セットの無法の猛竜/Marauding Raptorなどと合わせてジャンド・ダイナソーに採用されている。また、ディスカード要員にも釣り先にもなるためリアニメイトにも採用されている。ローテーション後はマルドゥ騎士でこのカードを採用する型が存在し、エンバレスの宝剣/Embercleaveとの組み合わせで凶悪なダメージを叩き出す。

リミテッドでは単純にサイズで圧倒できるが、反面平和な心/Pacifism金縛り/Sleep Paralysisのような戦場から離さない擬似除去には滅法弱く、毎ターン手札を捨てさせられる邪魔な置物と化す。対戦相手が多用してくる場合、骨の粉砕/Bone Splinters血に染まった祭壇/Bloodsoaked Altarなど、これを生け贄に捧げる手段が無いならサイドボードに下げることも考えよう。

[編集] ルール

アップキープ開始時に手札を捨てることは強制である。手札がある場合は必ず1枚捨てなければならない。マスティコア/Masticore等のようにカードを捨てない選択肢や、捨てなかった場合のペナルティはない。

  • 通常は手札を捨てた後にドロー・ステップが来るため、手札が無くなっても手詰まりにはならない。
  • 巨大な威厳/Colossal Majesty等のアップキープ開始時に誘発するドロー能力がある場合、スタックに乗せる順番次第でペナルティを緩和できる場合がある。
    • アップキープ開始時点での手札が0枚ならば、手札を捨てる能力を先に解決することでペナルティを無効化し、通常のドローと合わせて2枚のカードを持った状態でメイン・フェイズを開始できる。

[編集] 参考

QR Code.gif