未来予知/Future Sight

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(関連カードからリンクされることが多いので集約)
 
8行: 8行:
 
また[[ヴィンテージ]]では、[[コントロール (デッキ)|コントロールデッキ]]の[[手札]]増強のため重宝されている。[[呪文]]全般の[[マナ・コスト]]が[[軽い]][[環境]]であるため使い勝手がよい。
 
また[[ヴィンテージ]]では、[[コントロール (デッキ)|コントロールデッキ]]の[[手札]]増強のため重宝されている。[[呪文]]全般の[[マナ・コスト]]が[[軽い]][[環境]]であるため使い勝手がよい。
  
*呪文を[[唱える|唱えたり]][[能力]]を[[起動]]したりしている間にライブラリーの一番上のカードが変化した場合、その「唱える」や「起動する」が完了するまで、一番上のカードは[[公開する|公開]]されず[[裏向き]]のままである({{CR|401.5}})。例えば、[[ミリキン人形/Millikin]]と一緒に使うときにこれが問題になる。
+
*呪文を[[唱える|唱えたり]][[能力]]を[[起動]]したりしている間にライブラリーの一番上のカードが変化した場合、その「唱える」や「起動する」が完了するまで、一番上のカードは[[公開する|公開]]されず[[裏向き]]のままである({{CR|401.5}})。ライブラリーの次のカードを見ながら呪文の[[対象]]を選んだり[[コスト]]を支払うことはできない。
 
*[[サーチ]]したカードをライブラリーの一番上に置くタイプの[[教示者]]と相性がよい。他[[ライブラリー操作]]全般ともうまく機能する(→[[Sensei, Sensei]])。
 
*[[サーチ]]したカードをライブラリーの一番上に置くタイプの[[教示者]]と相性がよい。他[[ライブラリー操作]]全般ともうまく機能する(→[[Sensei, Sensei]])。
 
**特に、[[師範の占い独楽/Sensei's Divining Top]]の二つ目の能力を併用することで、実質1マナにつきカード1枚を引けるようになる。
 
**特に、[[師範の占い独楽/Sensei's Divining Top]]の二つ目の能力を併用することで、実質1マナにつきカード1枚を引けるようになる。
17行: 17行:
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==
ライブラリーの一番上のカードを公開してプレイするものは[[Field of Dreams]]を、いつでも見れる(相手は見れない)ものは[[ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle]]を参照。
+
ライブラリーの一番上のカードを公開してプレイするものは[[Field of Dreams]]を参照。いつでも見れる(相手は見れない)ものは[[ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle]]を参照。
 +
 
 +
ライブラリーの一番上からカードをプレイすることができるカード。[[生類の侍臣/Vizier of the Menagerie]]以降はライブラリーの一番上は公開ではなく、自分のみが見ることができる。
 +
*[[束の間の開口/Temporal Aperture]] - [[アーティファクト]]。[[起動型能力]]で一番上を公開し、[[ターン終了時まで]]そのカードを[[マナ・コストを支払うことなく唱える|マナ・コストを支払うことなくプレイ]]してよい([[ウルザズ・サーガ]])
 +
*[[未来の大魔術師/Magus of the Future]] - クリーチャー。未来予知の[[大魔術師]]。([[未来予知]])
 +
*[[ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya]] - クリーチャー。一番上が[[土地]]ならそれをプレイしてよい。さらに、土地を各[[ターン]]追加で1回プレイしてよい。([[ゼンディカー]])
 +
*[[ガラクの大軍/Garruk's Horde]] - クリーチャー。一番上がクリーチャーならそれを唱えてもよい。([[基本セット2012]])
 +
*[[風謎の宮殿/Windriddle Palaces (次元カード)]] - [[次元]]カード。プレイヤー全員が公開しながらプレイし、あなたはいずれのライブラリー一番上のカードをプレイしてよい。([[プレインチェイス2012]])
 +
*[[イゼットの模範、メーレク/Melek, Izzet Paragon]] - クリーチャー。一番上が[[インスタント]]か[[ソーサリー]]ならそれを唱えてもよい。さらに、一番上から唱えたインスタントとソーサリーを[[コスト]]なしに[[コピー]]できる。([[ドラゴンの迷路]])
 +
*[[クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix]] - クリーチャー。一番上が土地ならそれをプレイしてよい。土地を[[戦場に出す]]たびに1点[[回復]]。([[神々の軍勢]])
 +
*[[生類の侍臣/Vizier of the Menagerie]] - [[クリーチャー]]。一番上のカードがクリーチャーならそれを[[唱える|唱え]]てもよい。さらに、クリーチャーを唱える際に[[色マナ]]を無視できる。([[アモンケット]])
 +
*[[前知の場/Precognition Field]] - [[エンチャント]]。一番上のカードが[[インスタント]]か[[ソーサリー]]ならそれを唱えてもよい。([[ドミナリア]])
 +
*[[実験の狂乱/Experimental Frenzy]] - エンチャント。一番上のカードをプレイしてもよい。手札からカードをプレイできなくなるが、自壊能力を持つ。([[ラヴニカのギルド]])
 +
*[[ボーラスの城塞/Bolas's Citadel]] - アーティファクト。一番上のカードをプレイしてもよいが、その場合その[[マナ・コスト]]でなくマナ・コストと同点数の[[ライフ]]を支払う。([[灯争大戦]])
 +
*[[神秘の炉/Mystic Forge]] - アーティファクト。一番上のカードがアーティファクトか[[土地]]以外の[[無色]]カードならプレイしてもよい。さらに、[[タップ能力]]で一番上のカード1枚を[[追放]]可能。([[基本セット2020]])
 +
*[[無限のエルシャ/Elsha of the Infinite]] - クリーチャー。一番上のカードが土地でもクリーチャーでもないカードなら、[[インスタント・タイミング]]で唱えてよい。([[統率者2019]])
  
 
==参考==
 
==参考==

2019年9月14日 (土) 13:55時点における最新版


Future Sight / 未来予知 (2)(青)(青)(青)
エンチャント

あなたのライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。
あなたは、あなたのライブラリーの一番上のカードをプレイしてもよい。


ライブラリーの一番上カードプレイできるようにするエンチャント色拘束がきついものの、ライブラリーの一番上のカードが実質キャントリップ付きになるも同然なので、かなりのカード・アドバンテージを稼げる。

オデッセイ・ブロックオンスロート・ブロック期のスタンダードでは、タイトサイトキーカードとして活躍した。嘘か真か/Fact or Fictionを失った後のサイカトグアドバンテージ源に採用されたこともある。

またヴィンテージでは、コントロールデッキ手札増強のため重宝されている。呪文全般のマナ・コスト軽い環境であるため使い勝手がよい。

[編集] 関連カード

ライブラリーの一番上のカードを公開してプレイするものはField of Dreamsを参照。いつでも見れる(相手は見れない)ものはジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isleを参照。

ライブラリーの一番上からカードをプレイすることができるカード。生類の侍臣/Vizier of the Menagerie以降はライブラリーの一番上は公開ではなく、自分のみが見ることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif