敵対工作員/Opposition Agent

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Opposition Agent / 敵対工作員 (2)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)

瞬速
対戦相手が自分のライブラリーからカードを探している間、あなたはそのプレイヤーをコントロールする。
対戦相手が自分のライブラリーからカードを探している間、そのプレイヤーは見つけた各カードをそれぞれ追放する。それらのカードが追放され続けているかぎり、あなたはそれらのカードをプレイしてもよく、あなたはそれらを唱えるために任意のマナを望む色のマナであるかのように支払ってもよい。

3/2

対戦相手サーチを丸ごと盗んでしまう人間ならず者

未評価カードです
このカード「敵対工作員/Opposition Agent」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

コントロール変更効果について
  • ルールについては他のプレイヤーをコントロールするも参照。
  • 対戦相手をコントロールできるのは、対戦相手が自分自身のライブラリーを含む領域から探す場合のみである。対戦相手が記憶殺し/Memoricideなどで他のプレイヤーのライブラリーを探す場合はコントロールできない。
  • コントロール変更効果は探している間だけである。効果が「探してもよい/may search」など任意で探す効果を指示している場合、対戦相手はカードを探さないことを選ぶことができる。
  • コントロールできるのはカードを探している間だけなので、通常カードを探す以外の行動をとることはできない。ただし、その間そのプレイヤーの見ることができる情報(手札裏向きパーマネントの表側など)は知ることができる。また、対戦相手のライブラリーで氷河跨ぎのワーム/Panglacial Wurmを見つけたなら、あなたはマナ能力起動などそれを唱えるための手順のすべてをコントロールすることができる。もちろん唱えた氷河跨ぎのワームは対戦相手がコントロールする呪文である。
  • 探す効果が指示する見つけるカードのカード・タイプやその他の条件などは守らなくてはいけない。
  • 呪文や能力が、あなたがコントロールしている対戦相手にライブラリーを含む複数の領域を探すように指示するなら、すべての領域で見つけるカードをあなたが決める。
追放して唱えることのできる能力
  • 探すことによって見つけたカードは、見つけた後、呪文や能力が対戦相手に指示した場所に置かれるのではなく追放される。呪文能力が持っている他の効果は適用される。そのような効果が見つけたカードを参照するなら、それは追放領域にあるカードを参照できる。
    • 対戦相手が唱えた出現の根本原理/Emergent Ultimatum解決する際、ライブラリーからあなたがカードを探し、探す効果が終わった後は本来のコントローラーが残りの処理を進める。
  • 追放した各カードをプレイする場合は、通常のタイミングの許諾や制限に従わなければならない。その中に土地があっても、あなたの土地プレイが残っていないかぎり、それをプレイすることはできない。
  • あなたは、これにより唱える呪文コストを、追加コストを含めてすべて支払う。何らかの代替コストがあれば、あなたはそれを支払ってもよい。
  • 望むマナで”あるかのように支払うだけで、実際に支払われたマナのが変わることはない。向上呪文のように呪文が支払われたマナの色を参照する場合、実際に支払われたマナの色を参照する。
  • 望む色のマナであり、望むタイプのマナではない。無色マナ・シンボル無色マナで支払う必要がある。
複数のプレイヤーが敵対工作員をコントロールしている場合
  • 2人以上のプレイヤーが敵対工作員をコントロールしていて、他のプレイヤーが自分のライブラリーからカードを探すなら、タイムスタンプが最も新しい最後に戦場に出た敵対工作員のコントローラーが、カードを探している間そのプレイヤーをコントロールする。それぞれの敵対工作員の最後の能力がそのカードを追放し、それをプレイする許諾を与えようとするので、追放されたカードのオーナーがどちらの効果が適用されるか選ぶ。ただし、そのオーナーは他のコントローラーのコントロール下にあるので、実際に選択を行うのはそのオーナーをコントロールしているプレイヤーとなる。

[編集] 参考

QR Code.gif