放逐紅蓮術師/Dismissive Pyromancer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dismissive Pyromancer / 放逐紅蓮術師 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(赤),(T),カード1枚を捨てる:カードを1枚引く。
(2)(赤),(T),放逐紅蓮術師を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。これはそれに4点のダメージを与える。

2/2

ルーター火力タップ能力を内臓した人間ウィザード

単色サイズに加えメリット能力付きとあって、コスト・パフォーマンスは優秀。普段はそのまま戦闘に使い、戦闘要員として換算できなくなっても二種類の起動型能力で仕事を続けられ、いつ引いても無駄になりにくい。赤らしからぬ小器用なシステムクリーチャー

強いて欠点を挙げるなら、タップ能力ゆえの小回りの効きづらさか。攻撃しつつ能力起動することができず、召喚酔いによるタイムラグもあるため、いざという時に頼りにならないこともしばしば。とは言え、2マナのクリーチャーに求められる性能は十二分に満たしているため、使いづらさに繋がるほどのものではないだろう。

登場時のスタンダードにはキランの真意号/Heart of Kiran栄光をもたらすもの/Glorybringer鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Championなどといった強力なタフネス4のクリーチャーは多く、2マナのクリーチャーのスロットでそれらに睨みをきかせられる点は大きい。クリーチャー・タイプシナジーの豊富な人間とウィザードであり、ひとつ前のドミナリアでは魔術師の稲妻/Wizard's Lightningなどウィザードの部族シナジーが存在するため、幅広い活躍が期待できる。

参考

QR Code.gif