放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
7行: 7行:
 
*放蕩魔術師に酷似した赤のカードとして[[ヴァルショクの魔術師/Vulshok Sorcerer]]が先に登場しているが、あちらは[[ダブルシンボル]]で[[速攻]]付き。
 
*放蕩魔術師に酷似した赤のカードとして[[ヴァルショクの魔術師/Vulshok Sorcerer]]が先に登場しているが、あちらは[[ダブルシンボル]]で[[速攻]]付き。
 
*早くも[[第10版]]で[[基本セット]]入り。[[基本セット2010]]、[[基本セット2011]]と続けて[[再録]]され、かつての放蕩魔術師のように[[基本セット]]の常連となるかと思われたが、続く[[基本セット2012]]には収録されなかった。
 
*早くも[[第10版]]で[[基本セット]]入り。[[基本セット2010]]、[[基本セット2011]]と続けて[[再録]]され、かつての放蕩魔術師のように[[基本セット]]の常連となるかと思われたが、続く[[基本セット2012]]には収録されなかった。
*次元の混乱の[[フレイバー・テキスト]]は英語版の方がしっくりくる(韻を踏んでいるため)。
+
*次元の混乱の[[フレイバー・テキスト]]は、日本語訳には反映されていないが、英語版では韻を踏んでいる。
 
{{フレイバーテキスト|"Learn to burn"|Institute of Arcane Studies motto}}
 
{{フレイバーテキスト|"Learn to burn"|Institute of Arcane Studies motto}}
 
{{フレイバーテキスト|学んで燃やそう!|魔道学院の募集スローガン}}
 
{{フレイバーテキスト|学んで燃やそう!|魔道学院の募集スローガン}}

2019年8月16日 (金) 17:31時点における最新版


Prodigal Pyromancer / 放蕩紅蓮術士 (2)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(T):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。放蕩紅蓮術士はそれに1点のダメージを与える。

1/1

時のらせんタイムシフトしてきた放蕩魔術師/Prodigal Sorcererが、次元の混乱でもとしてタイムシフト。現状の色の役割として適切なになった。

基本的な評価は放蕩魔術師と同様。タップだけでダメージ与えられるので、リミテッドでは強力なシステムクリーチャーとして活躍してくれる。一方構築ではやや力不足。赤ならばそれこそ通常の火力呪文でこと足りるため、色が変わったことでやや割りを食っている感もある。

"Learn to burn"
Institute of Arcane Studies motto
学んで燃やそう!
魔道学院の募集スローガン
  • 放蕩魔術師の愛称「ティム」をもじって「トム」とも呼ばれる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

次元の混乱の、時のらせんタイムシフトからのタイムシフト・カードサイクル

[編集] 主な亜種

登場以前にも「赤いティム=トム」は存在している。ラクドスの痰吐き/Rakdos Ickspitterから上はこれより前に作られたカードである。さらに生け贄が必要なものは有象無象の大砲/Fodder Cannonの項を、自己アンタップができるものは燃えがらの紅蓮術士/Cinder Pyromancerの項を参照。

特筆のない限り、タップのみの起動コストで1点のダメージを飛ばせる3マナシングルシンボルクリーチャーである。太字はクリーチャーを対象に出来ない。

[編集] 参考

QR Code.gif