搭載歩行機械/Hangarback Walker

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(デッキ個別のページもなく、搭載歩行機械がデッキを選ばないという意味しか無いため削除)
 
13行: 13行:
 
*X=0で唱えれば0マナ・クリーチャーとして扱える。とりあえず[[呪文]]を唱えたい場合や、0/0で出て即[[死亡]]して[[死亡誘発]]を[[誘発]]させたい場合などに使える。[[鍛えられた鋼/Tempered Steel]]などで[[強化]]されているならそのまま戦力としても使える。相手の[[墓地]]にある[[黄泉からの橋/Bridge from Below]]を追放する時などのために覚えておくといい。
 
*X=0で唱えれば0マナ・クリーチャーとして扱える。とりあえず[[呪文]]を唱えたい場合や、0/0で出て即[[死亡]]して[[死亡誘発]]を[[誘発]]させたい場合などに使える。[[鍛えられた鋼/Tempered Steel]]などで[[強化]]されているならそのまま戦力としても使える。相手の[[墓地]]にある[[黄泉からの橋/Bridge from Below]]を追放する時などのために覚えておくといい。
 
*[[活性の力/Force of Vigor]]に耐性がある点も評価できる。
 
*[[活性の力/Force of Vigor]]に耐性がある点も評価できる。
*[[2020年]]にマジック公認店舗応援キャンペーンで[[イコリア:巨獣の棲処#ゴジラシリーズ・カード/Godzilla Series Monster card|ゴジラシリーズ・カード]]と同じ仕様の[[プロモーション・カード]]、'''戦闘要塞メカゴジラ'''/''Mechagodzilla, Battle Fortress''が配布された<ref>[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0034001/ 「マジック公認店舗応援キャンペーン」開催のお知らせ]([[Daily MTG]] 2020年5月18日)</ref>。
+
*[[2020年]]にマジック公認店舗応援キャンペーンで[[イコリア:巨獣の棲処#ゴジラシリーズ・カード/Godzilla Series Monster card|ゴジラシリーズ・カード]]と同じ仕様の[[プロモーション・カード]]、'''戦闘要塞、メカゴジラ'''/''Mechagodzilla, Battle Fortress''が配布された<ref>[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0034001/ 「マジック公認店舗応援キャンペーン」開催のお知らせ]([[Daily MTG]] 2020年5月18日)</ref>。
  
 
==参考==
 
==参考==

2020年5月23日 (土) 11:51時点における最新版


Hangarback Walker / 搭載歩行機械 (X)(X)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

搭載歩行機械は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
搭載歩行機械が死亡したとき、これの上に置かれている+1/+1カウンター1個につき、飛行を持つ無色の1/1の飛行機械(Thopter)アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(1),(T):搭載歩行機械の上に+1/+1カウンターを1個置く。

0/0

死亡時に搭載していた+1/+1カウンター飛行機械トークンとして戦場に残していく構築物アーティファクト・クリーチャー

マナレシオは悪いが、自身の起動型能力で+1/+1カウンターを増やせるので対戦相手の隙を見てサイズを大きくできる。チャンプブロッカーとして1マナを立たせておけば、対戦相手に攻撃を躊躇させられるだろう。ただし、追放除去バウンスなどには弱いので、自分生け贄に捧げる方法を用意しておくとよい。電結の荒廃者/Arcbound Ravagerと組み合わせると強力。

プロツアー「マジック・オリジン」では、アーティファクトシナジーを主軸にした青赤アーティファクトで活躍。すぐにそのポテンシャルの高さが知れ渡り、黒赤ドラゴン緑白大変異など、ミッドレンジ系のデッキを中心に様々なデッキで採用されるようになった。

[編集] 参考

  1. 「マジック公認店舗応援キャンペーン」開催のお知らせ(Daily MTG 2020年5月18日)
QR Code.gif