投石攻撃の副官/Sling-Gang Lieutenant

提供:MTG Wiki

2019年11月8日 (金) 16:53時点における202.213.224.208 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Sling-Gang Lieutenant / 投石攻撃の副官 (3)(黒)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

投石攻撃の副官が戦場に出たとき、赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを2体生成する。
ゴブリン1体を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。

1/1

包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderバージョン。

マナ・コストETBトークン数、火力などの観点では下位種だが、起動コストマナタップが不要な速効性が最大の持ち味。戦場ゴブリン数が即そのまま対戦相手の残りライフと直結する性質上、ゴブリンの砲撃/Goblin Bombardmentのクリーチャー版という使用感でもある。プレイヤーのライフしか削れないのでボードコントロール用途には使えず、ライフをまっしぐらに削っていくフィニッシュ性能に特化している。

リミテッドではゴブリンシナジーの要であるだけでなく、これ単独でも単純に3点ドレイン相当の働きをする。チャンプブロッカーを複数確保できる点も加味すると、競っている局面でダメージレースを刺しきる性能が高い。吉兆の一角獣/Good-Fortune Unicorn朽ちゆくゴブリン/Putrid Goblinと揃えば即死コンボ

エターナルでもゴブリンデッキでは、上述の包囲攻撃の司令官の枠に挿し変わって採用されている。霊気の薬瓶/Aether Vial蓄積カウンターを5まで乗せる必要がなく、ゴブリンの首謀者/Goblin Ringleader等の優秀なクリーチャーとマナ・コストが合致しているのが大きい。また、リシャーダの港/Rishadan Port不毛の大地/Wastelandといった他のカードにマナを注ぎ込むことの多いデッキなので、起動コストにマナが不要な点でも軍配が上がっている。特にヴォルラスの要塞/Volrath's Strongholdで使い回す際にはこのテンポが重要。

[編集] 参考

QR Code.gif