憎しみの幻霊/Hateful Eidolon

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(バウンスにも言及)
 
7行: 7行:
 
また、[[対戦相手]]のクリーチャーが死亡してもドローできることから、[[スタンダード]]で共存する[[死の重み/Dead Weight]]、同[[カード・セット|セット]]内に存在する[[ぬかるみの捕縛/Mire's Grasp]]などのマイナス[[修整]]を与えるオーラとの相性は抜群。いずれも[[コスト]]は[[軽い|軽く]]、複数枚かけて除去してもその分ドローできるため、[[キャントリップ]]付き[[火力]]のように振る舞う。
 
また、[[対戦相手]]のクリーチャーが死亡してもドローできることから、[[スタンダード]]で共存する[[死の重み/Dead Weight]]、同[[カード・セット|セット]]内に存在する[[ぬかるみの捕縛/Mire's Grasp]]などのマイナス[[修整]]を与えるオーラとの相性は抜群。いずれも[[コスト]]は[[軽い|軽く]]、複数枚かけて除去してもその分ドローできるため、[[キャントリップ]]付き[[火力]]のように振る舞う。
  
ただし、[[立ち消え]]に対してはカバーリングの範囲外。対戦相手が[[インスタント・タイミング]]の除去を多用する場合、運用には注意が必要となる。
+
ただし、[[立ち消え]]や[[バウンス]]、[[追放]]に対してはカバーリングの範囲外。対戦相手が[[インスタント・タイミング]]の除去や[[破壊]]を伴わない除去を多用する場合、運用には注意が必要となる。
  
 
[[パイオニア]]では[[スラムオーラ]]の主戦力および除去対策を務める。
 
[[パイオニア]]では[[スラムオーラ]]の主戦力および除去対策を務める。

2020年2月15日 (土) 09:01時点における最新版


Hateful Eidolon / 憎しみの幻霊 (黒)
クリーチャー エンチャント — スピリット(Spirit)

絆魂
エンチャントされているクリーチャーが死亡するたび、あなたがコントロールしていてそれにつけられていたオーラ(Aura)1つにつきカードを1枚引く。

1/2

クリーチャー死亡するたび、それにつけられていた自分オーラの数だけドローできるスピリットクリーチャー・エンチャント

オーラによる強化戦術の弱点である、「1枚の除去で多大なアドバンテージを失う」という弱点を克服できる。1マナ域としてはサイズも悪くなく、絆魂も持つため、このクリーチャー自身をオーラの基盤にしてもよい。

また、対戦相手のクリーチャーが死亡してもドローできることから、スタンダードで共存する死の重み/Dead Weight、同セット内に存在するぬかるみの捕縛/Mire's Graspなどのマイナス修整を与えるオーラとの相性は抜群。いずれもコスト軽く、複数枚かけて除去してもその分ドローできるため、キャントリップ付き火力のように振る舞う。

ただし、立ち消えバウンス追放に対してはカバーリングの範囲外。対戦相手がインスタント・タイミングの除去や破壊を伴わない除去を多用する場合、運用には注意が必要となる。

パイオニアではスラムオーラの主戦力および除去対策を務める。

[編集] ルール

  • あなたコントロールしているオーラがついてなくても、エンチャントされているクリーチャーが死亡するたびにこの能力誘発する。
  • 憎しみの幻霊と1体以上のエンチャントされているクリーチャーが同時に死亡した場合、この能力はそのそれぞれについて誘発する。同様に、憎しみの幻霊がエンチャントされている状態で死亡した場合、それ自身の能力は誘発する。
  • 次元の浄化/Planar Cleansingなどによりクリーチャーとオーラが同時に破壊された場合も、この能力は誘発し、解決時にはそのオーラも数える。

[編集] 開発秘話

この能力はもともと死より選ばれしティマレット/Tymaret, Chosen from Deathが持っていたが、リミテッド白黒アーキタイプに合うものだったため、単色を推奨するティマレットからこのカードに移された。さらに構築でもカジュアルデッキの基柱となるよう、タップインするアグロ向けのクリーチャーから1マナ1/2に変更され、後に絆魂も追加された[1]

[編集] 脚注

  1. M-Files: Theros Beyond Death – White, Blue, Black/Mファイル『テーロス還魂記』編・白青黒(Play Design 2020年1月24日 Jadine Klomparens著)

[編集] 参考

QR Code.gif