意外な授かり物/Windfall

提供:MTG Wiki

2021年5月23日 (日) 04:31時点における113.147.11.240 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Windfall / 意外な授かり物 (2)(青)
ソーサリー

各プレイヤーは自分の手札を捨てる。その後、これによりプレイヤーが捨てたカードの枚数のうち最も大きい枚数に等しいだけのカードを引く。


Wheel of Fortuneの調整版。各プレイヤー手札枚数を一番多くの手札を有するプレイヤーと同じ枚数に調整するドロー呪文

ドローする枚数が7枚固定だった Wheel of Fortuneと違い得られるカード数は状況で変動するものの、「自分の手札が対戦相手よりも少ないときに唱えれば、自分だけがアドバンテージを得ることができる」という効果の性質は同じで、Wheel of Fortuneと同じ様に使うことができる。3マナ呪文なので2枚以上引ければ十分割がいいのも事実である。対戦相手の手札が7枚であればWheel of Fortune同様、それよりも多ければ多いほど得られるアドバンテージは増えることになる。対戦相手がキーカードを保持しておくタイプのデッキの場合、これによって致命的な被害を与えることができる。

その圧倒的なドロー力によって当時の最強デッキ・MoMaを支えた屋台骨でもある。その結果、同デッキのキーカードであるトレイリアのアカデミー/Tolarian Academyと共に、強力カードがひしめき禁止カードが続出したウルザ・ブロック初の禁止カードに指定されることとなった。

  • 前述の通り、対戦相手の手札が減っていればそれだけ得られるドローも小さくなるのだが、MoMA自体が高速展開するデッキであるため影響が小さかったこと、相手にもドローさせるためMoMAの勝ち筋の1つである「対戦相手のライブラリーアウト」にも貢献できることが効いている。

1999年1月1日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードスタンダードエクステンデッドタイプ1.5で禁止カードに指定される。同年4月1日より、ウルザ・ブロック構築で禁止カードに指定される。2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでも続けて禁止。

[編集] 関連カード

意外な授かり物同様に対戦相手も含めて手札を捨てさせるのは太字のみ。手札だけでなく戦場まで均等にしてしまうものは天秤/Balanceの項を参照。

[編集] 参考

  1. 開発部の黒歴史・パート4(Latest Developments 2016年6月17日)
QR Code.gif