悪意スリヴァー/Spiteful Sliver

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
5行: 5行:
 
その能力と英語の[[カード名]]から[[怨馬/Spitemare]]が連想されるが、[[クリーチャー]]を[[対象]]に取れないため能力そのものは[[モグの偏執狂/Mogg Maniac]]の方が近い。
 
その能力と英語の[[カード名]]から[[怨馬/Spitemare]]が連想されるが、[[クリーチャー]]を[[対象]]に取れないため能力そのものは[[モグの偏執狂/Mogg Maniac]]の方が近い。
 
それ以外にも似たようなダメージ反射能力を持つクリーチャーは過去に何度か登場しているが、それらと比べるとやはり他のスリヴァーに能力を共有できるのが魅力。
 
それ以外にも似たようなダメージ反射能力を持つクリーチャーは過去に何度か登場しているが、それらと比べるとやはり他のスリヴァーに能力を共有できるのが魅力。
これを含めた複数のスリヴァーを並べれば、先達以上に[[対戦相手]]の[[攻撃]]や[[ブロック]]を牽制できるだろう。
+
これを含めた複数のスリヴァーを並べれば、先達以上に[[対戦相手]]の[[攻撃]]や[[ブロック (ルール用語)|ブロック]]を牽制できるだろう。
  
また、[[ダメージ]]量が膨大なクリーチャー[[火力]]と組み合わせて一撃必殺を狙う事もご多分に漏れず考えられるが、ダメージ量が少ない[[全体火力]]でも同様の威力を発揮しうるというのも先達にはない利点である。
+
また、[[ダメージ]]量が膨大な対クリーチャー[[火力]]と組み合わせて一撃必殺を狙う事も考えられるが、ダメージ量が少ない[[全体火力]]でも同様の威力を発揮しうるというのも先達にはない利点である。
逆に対戦相手としては無闇に全体火力を撃つことが難しくなる。小型のクリーチャーを並べる戦略が多いスリヴァーにとって全体火力は弱点でもあるので、それも牽制できるというのは頼もしい所。とはいえ[[単体火力]]への牽制力は全体火力ほどではなく、ダメージを伴わない[[除去]]に対しても無力なので、過信は禁物。
+
逆に対戦相手としては無闇に全体火力を撃つことが難しくなる。[[小型クリーチャー]]を並べる戦略が多いスリヴァーにとって全体火力は弱点でもあるので、それも牽制できるというのは頼もしい所。とはいえ[[単体火力]]への牽制力は全体火力ほどではなく、ダメージを伴わない[[除去]]に対しても無力なので、過信は禁物。
  
*これが戦場にいると[[心霊スリヴァー/Psionic Sliver]]の能力が大幅に強化される。各スリヴァーが[[タップ]]のみで最大2つの[[対象]]に計5点ものダメージを[[飛ばす|飛ばせ]]るようになる。
+
*これが[[戦場]]にいると[[心霊スリヴァー/Psionic Sliver]]の能力が大幅に強化される。各スリヴァーが[[タップ]]のみで最大2つの[[対象]]に計5点ものダメージを[[飛ばす|飛ばせ]]るようになる。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:モダンホライゾン]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:モダンホライゾン]] - [[レア]]

2019年12月4日 (水) 12:17時点における最新版


Spiteful Sliver / 悪意スリヴァー (2)(赤)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

あなたがコントロールしているスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは「このクリーチャーにダメージが与えられるたび、プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。これはそれにそのダメージに等しい点数のダメージを与える。」を持つ。

2/2

受けたダメージを反射する能力を共有するスリヴァー

その能力と英語のカード名から怨馬/Spitemareが連想されるが、クリーチャー対象に取れないため能力そのものはモグの偏執狂/Mogg Maniacの方が近い。 それ以外にも似たようなダメージ反射能力を持つクリーチャーは過去に何度か登場しているが、それらと比べるとやはり他のスリヴァーに能力を共有できるのが魅力。 これを含めた複数のスリヴァーを並べれば、先達以上に対戦相手攻撃ブロックを牽制できるだろう。

また、ダメージ量が膨大な対クリーチャー火力と組み合わせて一撃必殺を狙う事も考えられるが、ダメージ量が少ない全体火力でも同様の威力を発揮しうるというのも先達にはない利点である。 逆に対戦相手としては無闇に全体火力を撃つことが難しくなる。小型クリーチャーを並べる戦略が多いスリヴァーにとって全体火力は弱点でもあるので、それも牽制できるというのは頼もしい所。とはいえ単体火力への牽制力は全体火力ほどではなく、ダメージを伴わない除去に対しても無力なので、過信は禁物。

[編集] 参考

QR Code.gif