思考囲い/Thoughtseize

提供:MTG Wiki

2017年8月13日 (日) 19:54時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Thoughtseize / 思考囲い (黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは手札を公開する。あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。あなたは2点のライフを失う。


強力な代わりにスーサイドなペナルティがついている手札破壊呪文。過去のカードで表現すれば、クリーチャーカードも落とせるようになった強迫/Duress、あるいは1マナになった困窮/Distress

基本的な性質は強迫と同じであるが、比較して、序盤ではビートダウンに対してより選択肢が広くなりやすく、中盤以降でも不発に終わることが少ないため、より強力である。ライフの損失は欠点ではあるが、カード面テンポ面の負担なく対戦相手の動きを大きく制限できるため、気にならないわけではないが問題にはなりにくい。極端な場合、フェッチランドショックランドから繋げてライフ5点損失も辞さないアグレッシブな使い方もされる。

スポイラーリスト公開時からかなりの注目を集め、事実登場早々スタンダードだけでなくエクステンデッドエターナルと幅広く活躍している。後に公式フォーマットとなったモダンでもの基本カードとされる。

[編集] 参考

QR Code.gif