彼方の神、クルフィックス/Kruphix, God of Horizons

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
36行: 36行:
 
*[http://www.wizards.com/Magic/Magazine/Article.aspx?x=mtg/daily/ct/294 Phenomenal Cosmic Powers]([[Daily MTG]]、Command Tower、文:[[Adam Styborski]])
 
*[http://www.wizards.com/Magic/Magazine/Article.aspx?x=mtg/daily/ct/294 Phenomenal Cosmic Powers]([[Daily MTG]]、Command Tower、文:[[Adam Styborski]])
 
*[[カード個別評価:ニクスへの旅]] - [[神話レア]]
 
*[[カード個別評価:ニクスへの旅]] - [[神話レア]]
 +
*[[Secret Lair Drop Series#Theros Stargazing|Secret Lair Drop Series: Theros Stargazing]]
 
__NOTOC__
 
__NOTOC__

2020年2月15日 (土) 11:14時点における最新版


Kruphix, God of Horizons / 彼方の神、クルフィックス (3)(緑)(青)
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

破壊不能
あなたの緑と青への信心が7未満であるかぎり、彼方の神、クルフィックスはクリーチャーではない。
あなたの手札の上限はなくなる。
あなたが使わなかったマナを失うなら、その代わりにそのマナは無色となる。

4/7

緑青手札の上限がなくなるとともに、フェイズステップの終了時に未使用のマナ無色マナにして残しておくことができる。

1ターンに大量のマナを使えるようになるカードだが、そのためには5マナのこのカードを戦場に出した上で、さらにマナを「貯蓄」しなければならず、かなり手間がかかる。パーミッション系のデッキカウンターを構えながら少しずつ溜める、クルフィックスの預言者/Prophet of Kruphix土地アンタップ回数を増やすなど、運用には何らかの工夫が欲しいところ。

手札の上限をなくす能力は非常に地味だが、大量マナからXドローを撃つ場合はこれも意味のある能力となる。スタンダードではスフィンクスの啓示/Sphinx's Revelationが良い相方となるだろう。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ニクスへの旅サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー・エンチャント破壊不能を持ち、対応する対抗色2への信心が7未満になるとクリーチャーではなくなる。

テーロスサイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー・エンチャント破壊不能を持ち、対応するへの信心が5未満になるとクリーチャーではなくなる。

神々の軍勢サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー・エンチャント破壊不能を持ち、対応する友好色2への信心が7未満になるとクリーチャーではなくなる。

[編集] ストーリー

クルフィックス/Kruphixテーロス/Therosの一柱。謎に包まれたテーロス最古の神。

定命の者がニクス/Nyxに入り、神をニクスから引き剥がす方法を知る数少ない存在であり、エルズペス/Elspethアジャニ/Ajaniは彼に会うため、世界の果てにあるという神秘の神殿/Temple of Mysteryを目指す旅に出た。

詳細はクルフィックス/Kruphixを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif