当事者カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

当事者カード/Adventurer Cardとは、エルドレインの王権初出の特殊なカード群の総称。


Flaxen Intruder / 亜麻色の侵入者 (緑)
クリーチャー — 人間(Human) 狂戦士(Berserker)

亜麻色の侵入者がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたはこれを生け贄に捧げてもよい。そうしたとき、アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

1/2
Welcome Home / おかえりなさい (5)(緑)(緑)
ソーサリー — 出来事(Adventure)

緑の2/2の熊(Bear)クリーチャー・トークンを3体生成する。(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてもよい。)


目次

[編集] 概要

文章欄が開かれた本のようになっており、左側のページに別個の小枠で出来事が書かれたクリーチャーカード

あなたは当事者カードを唱える際、クリーチャーとしてか、出来事として唱えるかを選ぶ。出来事として唱えることを選んだ場合、それは小枠に書かれた代替の特性のみを持つ呪文としてスタックに置かれる。出来事の解決に際して、あなたはそのカードを追放する。そのカードが追放されている限り、あなたはそれをクリーチャーとして唱えてもよい。

エルドレインの王権では全色に存在し、特には出来事を持つクリーチャーに恩恵をもたらすカードを持つ。他には出来事呪文をコピーする幸運のクローバー/Lucky Cloverや、対策カードとして追放中の出来事を持つクリーチャー・カードを墓地に置いてしまう記憶盗み/Memory Theftが存在する。

[編集] ルール

[編集] 基本の特性

それを出来事として唱える際か、出来事として唱えてスタックに置かない限り、当事者カードはクリーチャー・カードとしての特性しか持たない。インスタントソーサリーを探す効果でライブラリーなどから当事者カードを探すことはできない。

  • 「出来事を持つ」とは、代替の特性を適用しているかに関わらず、それを持っているオブジェクトの事を指す。

[編集] 当時者カードを唱える

あなたが当事者カードを唱える場合、まずクリーチャーか出来事、どちらとして唱えるかを選択してから唱え始める。そのカードを唱えることを許諾したり制限するルールや効果は、選択後の特性のみを見て判断される(CR:601.3e)。カード・タイプマナ・コストが変化するため、他のカードとの相互作用がややこしいため注意。

  • 「あなたのライブラリーの一番上のカードがクリーチャー・カードである場合、あなたはそれを唱えてもよい。」を持つガラクの大軍/Garruk's Hordeがあるとき、ライブラリーの一番上が巨人落とし/Giant Killerであった場合、あなたはそれを巨人落としとして唱えることはできるが、インスタントである切り落としとして唱えることはできない。「あなたのライブラリーの一番上のカードがインスタント・カードかソーサリー・カードである場合、あなたはそれを唱えてもよい。」であるイゼットの模範、メーレク/Melek, Izzet Paragonの場合は逆となり、巨人落としとしてそのカードを唱えることはできないが、切り落としとしては唱えることができる。
  • X=1の雷電支配/Electrodominanceでは、手札の亜麻色の侵入者/Flaxen Intruderをクリーチャーとして唱えることは出来るが、点数で見たマナ・コストが7となるおかえりなさいとしては唱えることはできない。
  • 続唱はライブラリーから追放するカードはクリーチャー・カードとしての点数で見たマナ・コストを参照するが、唱える際にカードの特性に制限は無いため、出来事の点数で見たマナ・コストが元の続唱呪文より大きくても出来事として唱えることができる。
  • あくまでそのカードが特定の特性である場合唱えてもよい、という時の問題なので約束の終焉/Finale of Promise炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flameなどインスタントやソーサリーを対象としてそれを唱えさせる効果ではクリーチャーである当事者カードを対象に選ぶことはできない。

[編集] 出来事呪文

出来事として唱えたカードは、スタック上ではクリーチャーとしての特性は持たず小枠の中だけの特性を持つ。出来事呪文が解決されるに際し、そのカードを墓地に置く代わりに追放する。そのカードが追放されている限り、あなたはそれをクリーチャーとして唱えてもよい。

  • 出来事呪文が打ち消されたり、立ち消えたりしたら、そのカードは追放されることはなくクリーチャーとして唱えることはできない。また出来事の解決以外の効果で当事者カードが追放されていても、それを唱えることはできない。
    • 出来事呪文が雲散霧消/Dissipateで打ち消されて追放されても、それは出来事のルールに則って追放されたわけではないので唱えることはできない。
  • 唱えることができるのは出来事呪文の解決時のコントローラーである。オーナーではない。あなたが欲深い衝動/Covetous Urgeで奪ったカードを出来事として唱え解決した場合、あなたがクリーチャーとして唱えることができる。
  • 追放領域から唱えることが許可されるだけで、唱えるタイミングは通常のクリーチャー呪文と変わらない。瞬速を持っていない限り自分のメイン・フェイズでスタックが空のときに優先権を持っていなければ唱えることはできない。
  • 通常はこれにより追放された当事者カードを再度出来事として唱えることはできないが、他の効果により出来事として唱えることができるようになる場合はあり得る。
  • スタック上の出来事呪文がコピーされる場合、代替の特性がコピー可能な値としてコピーされる。クリーチャー・カードとしての特性はコピーされない。解決に際してコピーも追放されるが、カードで無いなら状況起因処理で消滅する。

[編集] その他

  • エルドレインの王権のトークン・カードには、追放中の出来事カードを示しておくための「進行中の出来事/On an Adventure」カードが存在する[1]

[編集] 参考

  1. 『エルドレインの王権』のトークン(Daily MTG 2019年9月19日)

引用:総合ルール 20191004.0

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif