廃墟の地/Field of Ruin

提供:MTG Wiki

2018年5月23日 (水) 15:28時点における細山田 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Field of Ruin / 廃墟の地
土地

(T):(◇)を加える。
(2),(T),廃墟の地を生け贄に捧げる:対戦相手がコントロールしている基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。各プレイヤーはそれぞれ、自分のライブラリーから基本土地カード1枚を探し、それを戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直す。


基本でない土地破壊する土地幽霊街/Ghost Quarterの亜種。

起動コスト重い代わりにカード・アドバンテージを失わないのが特色。

登場時のスタンダードではラムナプの遺跡/Ramunap Ruins水没遺跡、アズカンタ/Azcanta, the Sunken Ruinなど無視できない基本でない土地が存在するため、それらへの対策として主にコントロールデッキに採用される。

ドミナリア参入後の青白コントロールでは、ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominariaのマイナス能力や暗記+記憶/Commit+Memoryによってライブラリーバウンスしたカードを、シャッフルさせることで唱え直させないというギミックが組み込まれる例もある。

モダンでは主に青白コントロールなどに採用される。土地を伸ばすことが重要なコントロールデッキでは幽霊街よりも優先度が高い。基本土地自体をほとんど入れていないデッキも多く、色マナを縛る効果もスタンダード以上に期待できる。

  • 幽霊街と異なり、探すことは強制である。多くの場合ほぼ変わりはないが、これにより書庫の罠/Archive Trap代替コスト条件を自発的かつ強制的に満たすことが可能となっている。

[編集] 参考

QR Code.gif