広がりゆく海/Spreading Seas

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Spreading Seas / 広がりゆく海 (1)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(土地)
広がりゆく海が戦場に出たとき、カードを1枚引く。
エンチャントされている土地は島(Island)である。


海の要求/Sea's Claimキャントリップ版、又はくなった汚れた井戸/Tainted Well

実際に土地破壊しているわけではないが、マナ拘束をかけてテンポを落とさせたり、基本でない土地を無力化したりと、状況次第では土地破壊のように機能する。軽くカード・アドバンテージを失わず、環境にも恵まれたこのカードは、土地1枚の基本土地タイプ書き換えるだけのカードとしては異例とも言える大きな活躍を遂げている。

スタンダードで、中低速の多色デッキ、特にトップメタジャンドコントロールの数少ない弱点であるマナ基盤を攻められるカードとして白羽の矢が立てられ、青を含む3~4コントロールサイドボードに搭載した。特にワールドウェイク参入後はミシュラランドを無力化できることからさらに重要度が増し、復権した青白コントロールメインデッキから4枚積みされるカードとなった。多色デッキや特定の基本でない土地を軸としたデッキは常にこれを念頭に置いた構築、プレイングが求められるなど、環境に大きな影響を与えたカードである。

アラーラの断片ブロックローテーション落ちてからは、3色デッキの減少などの理由からあまり採用されなくなっていた。しかし、トップメタの赤緑ヴァラクートキーカードである溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacleを無力化できること、色拘束の強い黒赤吸血鬼に効果的なこと、ハンデス手札を確認することで色事故を起こさせやすいことなどが評価されて青系コントロールに再び採用され、世界選手権10青黒コントロールトップ3独占に貢献した。

時のらせん期のエクステンデッドでも、マナ拘束要員に加え流行の燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows対策、アトランティスの王/Lord of Atlantis渡り付与との相性の良さから、マーフォークで使われた。

リミテッドでも色事故を起こさせる他、リバー・ボア/River Boaなどの島渡りと併用してみたりと地味ながら侮れない役割を果たす。

モダンでもエクステンデッド同様にマーフォークにおいて島渡りの活用及びマナ基盤への妨害手段として採用される他、ブルームーンでは血染めの月/Blood Moonと共にデッキコンセプトの中核となっている。また、欠片の双子デッキでも採用されることがある。

[編集] 参考

QR Code.gif