幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Obzedat, Ghost Council / 幽霊議員オブゼダート (1)(白)(白)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — スピリット(Spirit) アドバイザー(Advisor)

幽霊議員オブゼダートが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。
あなたの終了ステップの開始時に、あなたは幽霊議員オブゼダートを追放してもよい。そうした場合、あなたの次のアップキープの開始時に、これをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。これは速攻を得る。

5/5

オルゾフ組/The Orzhov Syndicateの支配者である幽霊議員達。ギルドパクトで登場したオルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhovaのリメイク。

ライフドレインするCIP能力と自身を一時的に追放する能力を持つことは変わらないが、後者が起動型能力から終了ステップ誘発する誘発型能力になった点が最大の違い。

起動コストとしてクリーチャー生け贄に捧げる必要がなくなったため、ソーサリー除去への除去耐性とCIP能力の再利用確率は以前より高まっている。本体の性能も5マナ5/5と高く、追放した場合でも速攻を得て戻ってくる様になったため問題なく攻撃できる。ドレインの点数も1点大きくなっているので、何度も再利用するとダメージレースで相当な差をつけることができ、総じてアタッカーとしての性能は大きく向上したといえる。

反面、インスタント除去に対する除去耐性として用いることはできなくなった上、追放してしまうとブロッカーとしては扱えないため、コントロール・デッキフィニッシャーとするにはやや頼りなくなった感がある。場合によっては追放しないという選択肢もあるが、そうすると2点ドレインのついた5マナ5/5であり、色拘束の強さも考えるとやや物足りない。やはりCIPを何度も再利用しつつ積極的に攻撃もしかけたいところ。そのためアグロ寄りのデッキ向けのカードと言える。

スタンダードでは、特にテーロス・ブロック参入後のオルゾフミッドレンジエスパー人間などのデッキで採用された。エレボスの鞭/Whip of Erebosとのシナジーも見逃せない利点だった。

リミテッドでは、守りを固めて時間を稼ぐだけで勝てるカードであり、初手級。

  • 速攻を得るのはあくまで2つ目の能力の一部。能力以外の方法で戦場に出た場合は速攻は得ない。
  • 「Obzedat」とはラヴニカのモチーフであるスラヴ語圏の言葉「obsedat(英語の「obsessed」と同義)」をもじったものであると推定される。「欲望に取りつかれた者」「我欲の亡者」程度の意味合いととらえるとよいかも知れない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロックの各ギルド/Guildの指導者のサイクル。いずれも伝説のクリーチャーであり、マナ・コストに対応した色マナをそれぞれ2つずつ含む。

[編集] 参考

QR Code.gif