対抗激/Counterlash

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
10行: 10行:
  
 
*[[カード・タイプ]]とは、[[土地]]、[[クリーチャー]]、[[エンチャント]]、[[アーティファクト]]、[[インスタント]]、[[ソーサリー]]、[[部族]]、[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]である。
 
*[[カード・タイプ]]とは、[[土地]]、[[クリーチャー]]、[[エンチャント]]、[[アーティファクト]]、[[インスタント]]、[[ソーサリー]]、[[部族]]、[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]である。
*「手札にあるカードを唱える」のは、この呪文の[[効果]]の一部である。通常の手順では唱えられないタイミングであっても、唱えることを許可する。例えば[[対戦相手]]の[[ターン]]にソーサリーを唱えることができる。
+
*「手札にあるカードを唱える」のは、[[解決中に呪文を唱える]]ことを許可する。通常では唱えられないタイミング、例えば[[対戦相手]]の[[ターン]]にソーサリーを唱えることもできる。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[確定カウンターカード]]
 
*[[確定カウンターカード]]
 
*[[カード個別評価:闇の隆盛]] - [[レア]]
 
*[[カード個別評価:闇の隆盛]] - [[レア]]

2019年9月14日 (土) 12:11時点における最新版


Counterlash / 対抗激 (4)(青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。あなたはあなたの手札にある、その呪文と共通のカード・タイプを持つ土地でないカード1枚を、それのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


ド派手なオマケつきの確定カウンター呪文打ち消すのみならず、それと同じカード・タイプの呪文をマナ・コストなしで唱えられる。呪文乗っ取り/Spelljackのリメイクといったところか。

コンボ的要素が強いカード。使いたいカードを手札に揃える手間や、それと共通のカード・タイプの呪文を狙って待ち構える手間などが必要だが、うまくハマれば強烈な威力が見込める。

自分の呪文打ち消す手もあるだろう。メムナイト/Memniteを打ち消して引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornを唱える、なんて荒業も可能。実物提示教育/Show and Tell変身/Polymorphほどの安定感はないが、手札から唱えることで誘発する能力を発揮できる利点がある。

弱点は、言うまでもなく、6マナという重さ。それだけのマナを温存してじっと待っていなければならないのは大幅なテンポロスだし、また「何か狙っているぞ」というのが見え見えになりがち。そもそもそれ以前に、高速な現環境では有効に機能する前にゲームが終わっている可能性も低くない。ファンデッキ向けか。

[編集] 参考

QR Code.gif