夜の騎兵/Cavalier of Night

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cavalier of Night / 夜の騎兵 (2)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) 騎士(Knight)

絆魂
夜の騎兵が戦場に出たとき、あなたは他のクリーチャー1体を生け贄に捧げてもよい。そうしたとき、対戦相手がコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
夜の騎兵が死亡したとき、あなたの墓地から点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。

4/5

騎兵/CavalierサイクルETBで自身のクリーチャー1体を犠牲にしたクリーチャー破壊PIG点数で見たマナ・コスト3以下のクリーチャーをリアニメイトする。

サイクル中、最も戦場への干渉力があり枚数上のアドバンテージを得やすい。黒ならば生け贄には苦労しないが自分自身は生け贄に捧げられないので注意。PIG能力のリアニメイトはマナ・コスト以外に制約がないためかなり幅広く扱える。最低限、生け贄に捧げたカードを戻せばそれなりの活躍が可能。同色の騎士としては真夜中の死神/Midnight Reaper、3色のアブザンカラーになってしまうが秋の騎士/Knight of Autumnなど単体での使い勝手のよい対象はスタンダードにも多い。

またキーワード能力絆魂なのも優秀。このような大型クリーチャーを扱うデッキはえてして長期戦略になりやすいため、メインデッキからアグロへの耐性が付くのは大きい。

追放が少なくクリーチャー戦になりやすいリミテッドでは、サイクル中最も誤算なく働く強レア

スタンダードではゴルガリ・ミッドレンジサイドボードとして投入されるケースがあるが、色拘束が激しいので採用は盛んではない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020の騎兵サイクル。いずれもトリプルシンボル5マナエレメンタル騎士で、戦場に出たときの誘発型能力死亡したときの誘発型能力を持つ。稀少度神話レア

[編集] 参考

QR Code.gif