変幻の大男/Protean Hulk

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Protean Hulk}}
 
{{#card:Protean Hulk}}
  
かなり[[重い]][[ビースト]]。[[墓地]]に落ちると背中に背負った卵から沢山の[[クリーチャー]]が孵化する。合計6までなので、0[[マナ]]クリーチャーはいくら出してもよいという太っ腹な[[能力]]である。単体でも7マナで6/6という[[コスト・パフォーマンス]]は、流石は[[緑]]の[[レア]]といったところか。
+
かなり[[重い]][[ビースト]]。[[墓地]]に落ちると背中に背負った卵から沢山の[[クリーチャー]]が孵化する。合計6までなので、0[[マナ]]のものはいくら出してもよいという太っ腹な[[能力]]である。単体でも7マナで6/6という[[コスト・パフォーマンス]]は、流石は[[緑]]の[[レア]]といったところか。
  
もちろん、ただ単に6マナクリーチャー1体を呼ぶだけならこれは必要無いので、何らかの[[コンボ]]が前提。
+
もちろん、ただ単に6マナのクリーチャー1体を呼ぶだけならこれは必要ないので、何らかの[[コンボ]]が前提。
  
 
*[[羽ばたき飛行機械/Ornithopter]]4体、[[雲の群れ/Pride of the Clouds]]3体で7/7[[飛行]]が3体登場してそのまま[[ゲーム]]が終わる。
 
*[[羽ばたき飛行機械/Ornithopter]]4体、[[雲の群れ/Pride of the Clouds]]3体で7/7[[飛行]]が3体登場してそのまま[[ゲーム]]が終わる。
9行: 9行:
 
*[[面晶体のカニ/Hedron Crab]]、[[遺跡ガニ/Ruin Crab]]合計5体と[[ドライアドの東屋/Dryad Arbor]]4体で[[ライブラリー]]を60枚[[削る|削れる]]。ライブラリーの面晶体のカニ、遺跡ガニが足りない場合、[[桜族の長老/Sakura-Tribe Elder]]も一緒に呼ぶ。
 
*[[面晶体のカニ/Hedron Crab]]、[[遺跡ガニ/Ruin Crab]]合計5体と[[ドライアドの東屋/Dryad Arbor]]4体で[[ライブラリー]]を60枚[[削る|削れる]]。ライブラリーの面晶体のカニ、遺跡ガニが足りない場合、[[桜族の長老/Sakura-Tribe Elder]]も一緒に呼ぶ。
 
*[[鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge]]とクリーチャー10体で20点ダメージ。
 
*[[鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge]]とクリーチャー10体で20点ダメージ。
*[[血の芸術家/Blood Artist]]3体と[[ファイレクシアの略奪機/Phyrexian Marauder]]のような[[マナ総量]]が0かつ[[タフネス]]が0のクリーチャー7体で21点[[ドレイン]]。血の芸術家2体と[[臓物の予見者/Viscera Seer]]のような[[サクり台]]を呼べば、タフネスが0ではない0マナクリーチャーでも可。
+
*[[血の芸術家/Blood Artist]]3体と[[ファイレクシアの略奪機/Phyrexian Marauder]]のような[[マナ総量]]が0かつ[[タフネス]]が0のクリーチャー7体で21点[[ドレイン]]。血の芸術家2体と[[臓物の予見者/Viscera Seer]]のような[[サクり台]]を呼べば、タフネスは0ではなくても可。
 
*[[全体除去]]への対策としても使えるし、自分から撃っても優位を築ける。ただし、うかつに[[攻撃]]して[[糾弾/Condemn]]されないように注意。
 
*[[全体除去]]への対策としても使えるし、自分から撃っても優位を築ける。ただし、うかつに[[攻撃]]して[[糾弾/Condemn]]されないように注意。
 
*自分のターンに[[生け贄に捧げる|生け贄に捧げ]]、[[這い集め虫/Gleancrawler]]を[[戦場に出す|戦場に出せ]]ば、何度でも使いまわせる。
 
*自分のターンに[[生け贄に捧げる|生け贄に捧げ]]、[[這い集め虫/Gleancrawler]]を[[戦場に出す|戦場に出せ]]ば、何度でも使いまわせる。

2021年11月28日 (日) 15:52時点における最新版


Protean Hulk / 変幻の大男 (5)(緑)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

変幻の大男が死亡したとき、あなたのライブラリーからマナ総量の合計が6以下になるようにクリーチャー・カードを望む枚数探し、それらを戦場に出し、その後ライブラリーを切り直す。

6/6

かなり重いビースト墓地に落ちると背中に背負った卵から沢山のクリーチャーが孵化する。合計6までなので、0マナのものはいくら出してもよいという太っ腹な能力である。単体でも7マナで6/6というコスト・パフォーマンスは、流石はレアといったところか。

もちろん、ただ単に6マナのクリーチャー1体を呼ぶだけならこれは必要ないので、何らかのコンボが前提。

色々と面白い使い方ができるため、スタンダードでは御霊の足跡/Footsteps of the Goryoとの相性を活かしリアルジャパニメイションというリアニメイトデッキの主力クリーチャーとなった。

エターナルでは閃光/Flashエラッタで容易にPIG能力を誘発できるようになり、0ターンキルさえ可能な超高速コンボデッキハルクフラッシュキーカードとして閃光が禁止制限されるまで活躍した。

統率者戦では開始以来長らく禁止カードに指定されていたが、2017年4月24日に禁止解除となった。

[編集] 大男の性別は?

「Hulk」を「大男」と翻訳テンプレートに沿って訳しているが、「大男」表記は不適当(→誤訳/名訳)である可能性がある。Hulkは本来、非常に大きいものや人を言う言葉であり、性別は関係ないようだ。このコラムでは「変幻の大男」のことを「he(彼)」ではなく「she(彼女)」と表記している(卵を抱えていることからの連想だろう)。

ただ、雄が卵を守りぬく生き物(コオイムシなど)も現実に多数存在するので、実際には雄であってもおかしくはないのだが、単に卵を持っているということで「she」という人称を選択した可能性もある。

[編集] 参考

QR Code.gif