墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
5行: 5行:
 
通常、アーティファクト・クリーチャーであることは[[アーティファクト]]と[[クリーチャー]]両方に対する[[除去]]に引っかかるデメリットとされるが、これは[[被覆]]によってある程度克服されており、むしろアーティファクトを参照する[[サーチカード]]などを利用できる利点ともなる。さらに[[土地渡り]]と[[トランプル]]の2種類の[[回避能力]]を備えており、除去にも[[戦闘]]にも強く、十二分に[[フィニッシャー]]役を果たせる。
 
通常、アーティファクト・クリーチャーであることは[[アーティファクト]]と[[クリーチャー]]両方に対する[[除去]]に引っかかるデメリットとされるが、これは[[被覆]]によってある程度克服されており、むしろアーティファクトを参照する[[サーチカード]]などを利用できる利点ともなる。さらに[[土地渡り]]と[[トランプル]]の2種類の[[回避能力]]を備えており、除去にも[[戦闘]]にも強く、十二分に[[フィニッシャー]]役を果たせる。
  
特に[[ヴィンテージ]]において、[[リアニメイト]]や[[修繕/Tinker]]で[[マナ・コスト]]を踏み倒して用いられる。[[環境]]柄、[[全体除去]]よりも[[軽い]][[単体除去]]が優先されるため被覆が強力な[[除去耐性]]として機能すること、[[デュアルランド]]が蔓延しているため[[島]]渡りが活かしやすいことの2点が強みである。[[有色アーティファクト]]である点も特徴で、[[意志の力/Force of Will]]の[[ピッチスペル|ピッチコスト]]にできることも見逃せない。
+
特に[[ヴィンテージ]]において、[[リアニメイト]]や[[修繕/Tinker]]で[[マナ・コスト]]を踏み倒して用いられる。[[環境]]柄、[[全体除去]]よりも[[軽い]][[単体除去]]が優先されるため被覆が強力な[[除去耐性]]として機能すること、[[デュアルランド]]が蔓延しているため[[島]]渡りが機能しやすいことの2点が強みである。[[有色アーティファクト]]である点も特徴で、[[意志の力/Force of Will]]の[[ピッチスペル|ピッチコスト]]にできることも見逃せない。
  
 
ただし仮に1[[ターン]]目に[[戦場に出す|戦場に出せ]]たとしても3回[[攻撃]]して4ターン目にならないと[[勝利]]できない。通常の[[環境]]ならともかく、ことヴィンテージではその間に逆転されることが珍しくない。そのためより早く決着をつけられる[[荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus]]の登場後はその後塵を拝しているのが実情。ただし巨像が苦手とする[[剣を鍬に/Swords to Plowshares]]や[[バウンス]]に耐性があるのは強みであるため、両方投入もしくは[[サイドボード|サイドチェンジ]]されることはある。
 
ただし仮に1[[ターン]]目に[[戦場に出す|戦場に出せ]]たとしても3回[[攻撃]]して4ターン目にならないと[[勝利]]できない。通常の[[環境]]ならともかく、ことヴィンテージではその間に逆転されることが珍しくない。そのためより早く決着をつけられる[[荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus]]の登場後はその後塵を拝しているのが実情。ただし巨像が苦手とする[[剣を鍬に/Swords to Plowshares]]や[[バウンス]]に耐性があるのは強みであるため、両方投入もしくは[[サイドボード|サイドチェンジ]]されることはある。

2019年8月16日 (金) 12:11時点における最新版


Inkwell Leviathan / 墨溜まりのリバイアサン (7)(青)(青)
アーティファクト クリーチャー — リバイアサン(Leviathan)

トランプル
島渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
被覆(このクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)

7/11

の巨大種族リバイアサンアーティファクト・クリーチャー

通常、アーティファクト・クリーチャーであることはアーティファクトクリーチャー両方に対する除去に引っかかるデメリットとされるが、これは被覆によってある程度克服されており、むしろアーティファクトを参照するサーチカードなどを利用できる利点ともなる。さらに土地渡りトランプルの2種類の回避能力を備えており、除去にも戦闘にも強く、十二分にフィニッシャー役を果たせる。

特にヴィンテージにおいて、リアニメイト修繕/Tinkerマナ・コストを踏み倒して用いられる。環境柄、全体除去よりも軽い単体除去が優先されるため被覆が強力な除去耐性として機能すること、デュアルランドが蔓延しているため渡りが機能しやすいことの2点が強みである。有色アーティファクトである点も特徴で、意志の力/Force of Willピッチコストにできることも見逃せない。

ただし仮に1ターン目に戦場に出せたとしても3回攻撃して4ターン目にならないと勝利できない。通常の環境ならともかく、ことヴィンテージではその間に逆転されることが珍しくない。そのためより早く決着をつけられる荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossusの登場後はその後塵を拝しているのが実情。ただし巨像が苦手とする剣を鍬に/Swords to Plowsharesバウンスに耐性があるのは強みであるため、両方投入もしくはサイドチェンジされることはある。

[編集] ストーリー

墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathanエスパー/Esperの海のひとつ墨溜まり/Inkwellに生息するリバイアサンイラスト)。エスパーの寓話では、七つの海を飲み込んだと伝えられる。アーティファクト・クリーチャーであることからエーテリウム/Etherium強化処理済みと考えられる。

一般的にエスパーのリバイアサンとは、身も凍る海の深みのさらに下に潜む強大な怪物で、ヴィダルケンの潮汐支配の魔法に影響されず、プレインズウォーカー/Planeswalkerの気まぐれにすらほとんど動じないとされる。船の装甲に似た幅広い鎧状の外皮は、エーテリウム欠乏に喘ぐエスパー人の羨望の的である。

[編集] 参考

QR Code.gif