墓所破り/Cryptbreaker

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Cryptbreaker}}
 
{{#card:Cryptbreaker}}
  
[[手札]]を[[歩く死骸/Walking Corpse]]に変換する[[能力]]と、[[ゾンビ]]3体で[[タップ・アウトレット]]し[[ドロー]]する2つの[[能力]]を持つゾンビ。
+
[[手札]]を[[歩く死骸/Walking Corpse]]相当の[[ゾンビ]][[クリーチャー]]・[[トークン]]に変換する[[能力]]と、ゾンビ3体で[[タップ・アウトレット]]し[[引く|ドロー]]する2つの[[能力]]を持つゾンビ。
  
ドロー能力に必要なゾンビの頭数を自力で確保でき、出したゾンビを使って捨てた手札を補充できると2つの能力が互いに噛み合っているのが長所。また、ゾンビには[[墓地]]で機能する能力を持つカードが多いためそれらとの相性も良い。単独でも採用できないことはないが、1つ目の能力自体はそこまで強力とは言い難いので他のゾンビと一緒に使うのが良いだろう。登場時点では1マナのゾンビはこれと[[よろめくゴブリン/Shambling Goblin]]しか存在しないため、ゾンビ主体のデッキを組むなら自然と1マナ域として採用することになる。
+
ドロー能力に必要なゾンビの頭数を自力で確保でき、出したゾンビを使って[[捨てる|捨て]]た手札を補充できると2つの能力が互いに噛み合っているのが長所。また、ゾンビには[[墓地]]で機能する能力を持つカードが多いためそれらとの相性も良い。単独でも採用できないことはないが、1つ目の能力自体はそこまで強力とは言い難いので他のゾンビと一緒に使うのが良いだろう。登場時点では1マナのゾンビはこれと[[よろめくゴブリン/Shambling Goblin]]しか存在しないため、ゾンビ主体のデッキを組むなら自然と1マナ域として採用することになる。
  
 
[[スタンダード]]では登場直後から[[ゾンビ (デッキ)#タルキール龍紀伝+マジック・オリジン+戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック期|ゾンビデッキ]]に採用された。[[捨てる]][[カード]]は主に[[秘蔵の縫合体/Prized Amalgam]]や[[ヴォルダーレンの下層民/Voldaren Pariah]]。[[アモンケット]]で成立した[[アグロ]]タイプの[[ゾンビ (デッキ)#戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック+カラデシュ・ブロック+アモンケット・ブロック期|ゾンビデッキ]]でも1マナ域として採用されている。
 
[[スタンダード]]では登場直後から[[ゾンビ (デッキ)#タルキール龍紀伝+マジック・オリジン+戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック期|ゾンビデッキ]]に採用された。[[捨てる]][[カード]]は主に[[秘蔵の縫合体/Prized Amalgam]]や[[ヴォルダーレンの下層民/Voldaren Pariah]]。[[アモンケット]]で成立した[[アグロ]]タイプの[[ゾンビ (デッキ)#戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック+カラデシュ・ブロック+アモンケット・ブロック期|ゾンビデッキ]]でも1マナ域として採用されている。
  
 +
*1つめの起動型能力は[[起動コスト]]も歩く死骸の[[マナ・コスト]]に等しく、[[カード名|名前]]は持たないものの歩く死骸の[[スペルシェイパー]]ともいえる。
 
*[[プロツアー「アモンケット」]]放送時のパネルによれば、デザインの元ネタは[[遺産のドルイド/Heritage Druid]]であり、開発部からはHeritage Zombieと呼ばれていた。
 
*[[プロツアー「アモンケット」]]放送時のパネルによれば、デザインの元ネタは[[遺産のドルイド/Heritage Druid]]であり、開発部からはHeritage Zombieと呼ばれていた。
  

2019年12月3日 (火) 17:41時点における最新版


Cryptbreaker / 墓所破り (黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

(1)(黒),(T),カードを1枚捨てる:黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
あなたがコントロールするアンタップ状態のゾンビ3体をタップする:あなたはカードを1枚引き、あなたは1点のライフを失う。

1/1

手札歩く死骸/Walking Corpse相当のゾンビクリーチャートークンに変換する能力と、ゾンビ3体でタップ・アウトレットドローする2つの能力を持つゾンビ。

ドロー能力に必要なゾンビの頭数を自力で確保でき、出したゾンビを使って捨てた手札を補充できると2つの能力が互いに噛み合っているのが長所。また、ゾンビには墓地で機能する能力を持つカードが多いためそれらとの相性も良い。単独でも採用できないことはないが、1つ目の能力自体はそこまで強力とは言い難いので他のゾンビと一緒に使うのが良いだろう。登場時点では1マナのゾンビはこれとよろめくゴブリン/Shambling Goblinしか存在しないため、ゾンビ主体のデッキを組むなら自然と1マナ域として採用することになる。

スタンダードでは登場直後からゾンビデッキに採用された。捨てるカードは主に秘蔵の縫合体/Prized Amalgamヴォルダーレンの下層民/Voldaren Pariahアモンケットで成立したアグロタイプのゾンビデッキでも1マナ域として採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif