堂々たる撤廃者/Grand Abolisher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Grand Abolisher / 堂々たる撤廃者 (白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

あなたのターンの間、あなたの対戦相手は呪文を唱えられず、アーティファクトやクリーチャーやエンチャントの能力を起動できない。

2/2

こちらのターン中における、対戦相手呪文とほとんどの起動型能力を封じるクリーチャー孤独の都/City of Solitudeが似た能力を持つが、堂々たる撤廃者はコントローラーには影響を与えない。

あらゆる干渉を防ぐことができるが、特にカウンターに対して大きな抑止力となる。パーミッション対策として使う場合、先攻2ターン目に唱えると、これを打ち消せるカウンターが登場時のスタンダードに存在しないのもポイント。

コンバット・トリックインスタント・タイミング除去も防ぐことができるため、基本的に見えている盤面だけで戦闘が進むことになり、先の予測がずいぶん楽になる。他にもタッパーや、一時的に戦場から退避するクリーチャーなどに対して有効。

モダンにおいては、ヘイトベアー系のデッキや、コンボデッキにおける安定化手段として利用されることがある。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif