地底王国のリッチ/Underrealm Lich

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Underrealm Lich / 地底王国のリッチ (3)(黒)(緑)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

あなたがカードを1枚引くなら、代わりにあなたはあなたのライブラリーの一番上からカードを3枚見て、そのうち1枚をあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。
4点のライフを支払う:ターン終了時まで、地底王国のリッチは破壊不能を得る。これをタップする。

4/3

ドロー巧みな軍略/Strategic Planning置換する常在型能力と、破壊不能得る起動型能力を持つ黒緑クリーチャー

前半の能力は、あざみの使い魔、明日歌/Tomorrow, Azami's Familiarの巧みな軍略バージョン(あるいはシディシの手、テイガム/Taigam, Sidisi's Handの範囲拡大版)。先達たちと同じくドローの質を大幅に向上させ、さらにゴルガリ団/The Golgariの得意分野である墓地利用をも強力にサポートしてくれる。ドロー・ステップのドローを置換するだけでも十分強力だが、複数枚引ける手段や、ルーターのように繰り返し起動できる手段と併用した際の爆発力は相当のもの。構成によっては実質サーチのような動きも容易にこなせるだろう。

後半の能力は、ライフを代償に破壊不能を得る。4点のライフは軽々しく支払える量ではないが、それ以外のコストはなくいつでも対戦相手の動きに対応できるので、起動型の除去耐性としてはかなり水準の高い部類。低めのタフネスをカバーできており、このカードの性能を単独で活躍できるレベルに押し上げている。状況によってはアタッカーとしても使っていける。

除去耐性持ちのシステムクリーチャーで、さらにP/Tも及第点とあって、構築/リミテッド問わずデッキの主軸として使っていけるカード。長期戦でこそ輝くデザインとなっているため、運用の際は序盤を凌げる構成、特にライフを温存できる構成を模索したい。

  • 前半の能力はライブラリーのカードが3枚未満であっても適用される。例えば残り2枚しかない場合は1枚は手札、もう1枚は墓地に置かれる。ライブラリーが0枚の場合は何も起きず、結果としてライブラリーアウト敗北しなくなる。
    • 通常、置換する前のイベントが発生しない場合は置換効果そのものが適用されないが、カードを引くことに関しては例外が定められており例えライブラリーが空であってもカードを引くイベントは他のイベントに置換可能である。
  • 破壊不能を得る能力に自身のタップを含むのは、再生の名残であろう。酷役の歩哨/Drudge Sentinelの項も参照。

[編集] 参考

QR Code.gif