「唱える」を編集中

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
あなたはログインしていません。あなたのIPアドレスはこの項目の履歴に記録されます。
取り消しが可能です。 これが意図した操作であるか、下に表示されている差分を確認し、取り消しを確定させるために、変更を保存してください。
最新版 編集中の文章
22行: 22行:
 
*効果によって、プレイヤーが[[代替コスト]]や[[追加コスト]]を支払った場合に瞬速を持つかのように呪文を唱えることが認められている場合、瞬速を持つかのように唱え始めることができる。
 
*効果によって、プレイヤーが[[代替コスト]]や[[追加コスト]]を支払った場合に瞬速を持つかのように呪文を唱えることが認められている場合、瞬速を持つかのように唱え始めることができる。
 
*呪文が特定の条件を満たした時にのみ瞬速を持つ場合、その条件を満たしているなら瞬速を持つかのように唱え始めることができる。
 
*呪文が特定の条件を満たした時にのみ瞬速を持つ場合、その条件を満たしているなら瞬速を持つかのように唱え始めることができる。
*ルールや効果が、カードやカードのコピーを唱えるのが適正かどうかを判断するのに代替の特性群あるいは特性群の一部だけを参照するという場合、そのプレイヤーが唱え始められるようになる前にそれらの代替の特性でそのオブジェクトの特性を置き換える。
 
  
 
==解説==
 
==解説==
38行: 37行:
 
**[[分割カード]]を[[融合]]せず唱える場合は、スタックに置く前に唱える側を決定する。呪文を唱えることを許可したり制限したりする効果の影響は、この時決定した側の特性のみをチェックする。
 
**[[分割カード]]を[[融合]]せず唱える場合は、スタックに置く前に唱える側を決定する。呪文を唱えることを許可したり制限したりする効果の影響は、この時決定した側の特性のみをチェックする。
 
**[[変異]]はまずカードを裏向きにし、[[ルール文章]]や[[カード名]]や[[クリーチャー・タイプ]]や[[マナ・コスト]]を持たない、2/2の[[裏向き]]のクリーチャー・カードにする。呪文を唱えることを許可したり制限したりする効果の影響は、この特性のみをチェックする。
 
**[[変異]]はまずカードを裏向きにし、[[ルール文章]]や[[カード名]]や[[クリーチャー・タイプ]]や[[マナ・コスト]]を持たない、2/2の[[裏向き]]のクリーチャー・カードにする。呪文を唱えることを許可したり制限したりする効果の影響は、この特性のみをチェックする。
**[[授与]]を持つカードはクリーチャー・カードだが、[[#定義]]の手順3で授与コストを支払うことを選ぶと[[オーラ]]・エンチャント呪文に変化する。呪文を唱えることを許可したり制限したりする効果の影響は、この特性のみをチェックする。
+
**[[授与]]を持つカードはクリーチャー・カードだが、[[#定義]]の手順4で授与コストを支払うことを選ぶと[[オーラ]]・エンチャント呪文に変化する。呪文を唱えることを許可したり制限したりする効果の影響は、この特性のみをチェックする。
**[[当事者カード]]は、クリーチャーとして唱えるのならばクリーチャーの側の特性のみをチェックし、[[出来事]]として唱えるのならば出来事の側の特性のみをチェックする。
+
  
 
===唱える領域やタイミングの拡張===
 
===唱える領域やタイミングの拡張===

MTG Wikiへの全ての投稿は、他の利用者によって編集、変更、除去される可能性があります。 自信の投稿が他人によって遠慮なく編集されることを望まない場合は、ここには投稿しないでください。
また、投稿されるものは、自身によって書かれたものであるか、パブリック・ドメイン、またはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はMTG Wiki:著作権を参照)。 著作権保護されている作品を、許諾なしに投稿してはいけません!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウが開きます)

このページで使われているテンプレート:

QR Code.gif