吹き荒れる潜在能力/Possibility Storm

提供:MTG Wiki

2017年11月14日 (火) 23:23時点における153.161.59.233 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Possibility Storm / 吹き荒れる潜在能力 (3)(赤)(赤)
エンチャント

プレイヤー1人が自分の手札から呪文を1つ唱えるたび、そのプレイヤーはそれを追放し、その後、自分のライブラリーの一番上から、それと共通のカード・タイプを持つカードを追放するまでカードを追放し続ける。そのプレイヤーはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、そのプレイヤーは吹き荒れる潜在能力により追放されたすべてのカードを自分のライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。


にしばしば登場する混沌系エンチャント手札から呪文唱えたとき、ライブラリーにある同じカード・タイプを持つ他のカードを唱えなおさせる。

お互いに呪文がどういう結果を生むのか不確定になってしまう、まさに「混沌」と呼ぶにふさわしいカード。特に唱えるタイミングが重要である打ち消し呪文やコンバット・トリック系呪文は得られる効果が激減してしまうことから、対抗色であるの得意戦術を妨害できる点も赤らしい1枚と言える。呪文プレイヤー対象にとる必要がなく、唱えた呪文は一時的とは言え追放されるので打ち消されない呪文に対しての抑止力にもなる。

効果は自分にも及ぶので、下手な使い方をすれば自分の首を絞めかねない。しかしデッキ構築の段階からしっかり意識しておけば多少は結果を操作できる。極端に言えばデッキ内に特定のカード・タイプの呪文を1種類しか入れていなければ必ずその呪文が唱えられるのでデメリットを回避できる。また、バーンウィニーのようなデッキなら、多少違った呪文になろうが結果に大差はない。特にウィニーのような全体除去に弱いデッキでは対処を1,2ターン遅らせるだけで勝利が確定する場合が多いため採用を検討する価値はある。5マナとやや重いのが難点だが、これ自身除去しづらいエンチャントで、普通のデッキにはエンチャント除去はそう多く投入されないため隙は少ない。

軽い呪文をタネに、より重く強烈な呪文を使う、変身/Polymorphのようなコンボに利用できると効果的。実際にモダンでは、メムナイト/Memniteから引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornに繋げる地雷デッキ「吹き荒れる潜在能力コンボ」が生まれた。

[編集] ルール

以下、「手札から唱えたカード」のことを「元呪文」、「ライブラリーから出てきたカード」のことを「新呪文」とする。

  • 誘発条件は、「手札から呪文を唱えたとき」である。
  • 元呪文とカード・タイプがひとつでも共通していれば、新呪文となる。完全に一致している必要はない。
  • 新呪文を唱えることは任意であるため、唱えないことを選択してもよい。
  • 新呪文を唱えるのは効果の一部であるため、唱えるタイミングの制限を受けない。
  • 吹き荒れる潜在能力によってライブラリーから追放されたカードとともに、元呪文のカードもライブラリーの一番下無作為に置く。
    • 新呪文を唱えなかった場合、新呪文の候補となったカードも一緒にライブラリーの一番下に無作為に置く。
    • 実際に無作為化する手段としては、ライブラリーの一部(または全部)を切り直すことになるかと思われるが、これはキーワード処理の「切り直す」には該当しない。(続唱の場合と同じ。)
  • 新呪文となったカードが「唱えられない」ことがありえる。その場合、新呪文を唱えないことを選ばなければならない。
    • 例えば、元呪文がアーティファクト・クリーチャーで、アーティファクト・土地が公開された場合、タイプが一部一致するので新呪文候補となるが、土地であるため唱えることができない。
    • ほかにも例えば新呪文が翻弄する魔道士/Meddling Mageで指名されている場合や、Resetなどのように唱えるに際し制限がある場合などが挙げられる。
  • 元呪文は追放されるので解決されることはないが「唱えられている」。また、新呪文もそれとは別に新しく「唱えられている」。
    • 強請などの、呪文を唱えた時に誘発する能力はそれぞれで誘発する。元呪文がストームを持つなら、規定数のコピーは作られて追放されることなくスタック上に残る。新呪文がストームを持つ場合も同様。複製続唱もそれぞれ若干挙動は変わるが、理屈は同じ。
      • 元呪文と吹き荒れる潜在能力のコントローラーが同じであれば、そのプレイヤーの好きな順番でスタックに置かれるが、異なる場合はAPNAP順に従う。例えば、吹き荒れる潜在能力がAP・ストーム呪文がNAPであればコピー生成→コピー解決後に呪文追放・サーチ、吹き荒れる潜在能力がNAP・ストーム呪文がAPであれば呪文追放・サーチ後にコピー生成→コピー解決、という手順になる。
    • 疲労の呪い/Curse of Exhaustionなどによって呪文を唱える回数が制限されている場合、元呪文ですでに1回唱えているので、新呪文を唱えることはできない。
  • ライブラリーをすべて追放しても新呪文になりえるカードが出てこなかった場合、何も唱えられない。その後、追放したカードすべて(元呪文含む)をライブラリーの一番下に無作為に戻す(=ライブラリー全体を無作為に並べ直す ≒ライブラリーを切り直す)。
  • 元呪文を追放できなかったとしても、新呪文を唱えることはできる。
    • 例えば元呪文が打ち消された場合に起こる。打ち消すならば、吹き荒れる潜在能力の解決を待って新呪文のほうを打ち消したほうがよい。
    • また吹き荒れる潜在能力が二つ以上戦場にある状況でも起こる。この場合、どちらか一方の吹き荒れる潜在能力は元呪文を追放できないが、新呪文はあわせて二つ唱えることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif