反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra, Torch of Defiance / 反逆の先導者、チャンドラ (2)(赤)(赤)
プレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。あなたはそのカードを唱えてもよい。そうしないなら、反逆の先導者、チャンドラは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
[+1]:あなたのマナ・プールに(赤)(赤)を加える。
[-3]:クリーチャー1体を対象とする。反逆の先導者、チャンドラはそれに4点のダメージを与える。
[-7]:あなたは「あなたが呪文を1つ唱えるたび、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。この紋章はそれに5点のダメージを与える。」を持つ紋章を得る。

4

カラデシュで登場した7枚目のチャンドラ忠誠度能力は、衝動的ドロー本体火力マナ加速クリーチャー火力呪文唱えるたび単体火力誘発する紋章の獲得。

1つ目の+1能力
ライブラリーの一番上呪文を唱える。追放したカードを唱えなかった場合、各対戦相手に2点ダメージ与える
この手の能力は捲ったカードを唱えられなかった場合大きくテンポロスしてしまうが、最低でも2点ダメージが保証されているので安心して使っていける。「戦場に出しターン起動してもマナが足りず唱えられない」という欠点も補われており、ダメージを優先するならこちらを即起動することも選択肢に入ってくる。
2つ目の+1能力
赤マナ2点の生成。
野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerの+1能力のように、差し引き2マナで戦場に出せるため展開を阻害しないことと、次のターンから6マナ域へのジャンプアップが確定する爆発力が魅力的。自由に使えるマナが増えるとテンポが早くなる分、手札切れも早くなってしまうが、1つ目の+1能力で息切れを防止できる点が噛み合っている。
-3能力
炎の斬りつけ/Flame Slash
最低限の除去しかできなかったかつてのチャンドラと違い、大半のクリーチャーは除去できるようになった。強力な分、忠誠度の消費は激しくなっている。複数回起動するのは難しいが、4マナ4点火力として使っても実用範囲内。
-7能力
呪文を唱えるたびに5点火力が誘発する紋章を得る。
3~4回も誘発させれば人が死ぬ強力な能力。これ自体は直接ライフ戦場に触れる能力ではないため、速やかに誘発させて勝負を決めにいきたい。手札が切れていても1つ目の+1能力で呪文を唱えられるため、自己完結している点はありがたい。ただしダメージを与えるのは強制であるため、対象に取れるものが自分しかなかった場合は自分が5点受けなければならないので注意。

スタンダードでは登場直後から赤緑型の霊気池の驚異で活躍したほか、霊気紛争後のマルドゥ機体にも高確率で採用されている。

[編集] ルール

1つ目の+1能力
2つ目の+1能力
  • この能力は忠誠度能力であるため、マナ能力ではない。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

  1. The July 10, 2017 Update(Daily Magic Update 2017年6月10日)
QR Code.gif