初祖スリヴァーに選ばれしもの/First Sliver's Chosen

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
4行: 4行:
  
 
同族すべてに[[能力]]を持たせるのがスリヴァーの特色だが、賛美はその中でも特に効果が高い。
 
同族すべてに[[能力]]を持たせるのがスリヴァーの特色だが、賛美はその中でも特に効果が高い。
単騎での攻撃時にこそ限定されるが、単純に自分が[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]しているスリヴァーの数だけ[[修整]]を受けるので、巨大な打点を叩き出すことが容易になる。[[トランプル]]や[[飛行]]などの[[回避能力]]も共有できれば完璧だろう。
+
単騎での[[攻撃]]時にこそ限定されるが、単純に自分が[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]しているスリヴァーの数だけ[[修整]]を受けるので、巨大な打点を叩き出すことが容易になる。[[トランプル]]や[[飛行]]などの[[回避能力]]も共有できれば完璧だろう。
  
 
賛美は重複すればその分だけ機能する[[キーワード能力]]なので、このカード自身が複数並んでもその分しっかり働いてくれるのもポイント。
 
賛美は重複すればその分だけ機能する[[キーワード能力]]なので、このカード自身が複数並んでもその分しっかり働いてくれるのもポイント。
10行: 10行:
 
主戦場は[[リミテッド]]。スリヴァーを十分に[[ピック]]できていれば容易に[[フィニッシャー]]を作ることができるだろう。同セットのスリヴァーには能力の起動に[[タップ]]を含むものも存在するため、賛美誘発のための条件も気にならない。
 
主戦場は[[リミテッド]]。スリヴァーを十分に[[ピック]]できていれば容易に[[フィニッシャー]]を作ることができるだろう。同セットのスリヴァーには能力の起動に[[タップ]]を含むものも存在するため、賛美誘発のための条件も気にならない。
  
[[構築]]であれば、これよりも軽くかつ同等の打点向上を望める[[筋肉スリヴァー/Muscle Sliver]]などがほぼ上位互換として存在するものの、こちらにはスリヴァー以外の打点を上げられるというメリットが存在する。
+
[[構築]]であれば、これよりも軽くかつ同等の打点向上を望める[[筋肉スリヴァー/Muscle Sliver]]などが存在するものの、こちらにはスリヴァー以外の打点を上げられるというメリットが存在する。
 
これや他のスリヴァーを攻撃に出さず温存し、他種族の[[クリーチャー]]や[[トークン]]で攻撃して打点の向上だけを利用する、といった使い方が可能。ただしスリヴァーデッキにスリヴァー以外のクリーチャーを入れるのは難しいのが難点である。
 
これや他のスリヴァーを攻撃に出さず温存し、他種族の[[クリーチャー]]や[[トークン]]で攻撃して打点の向上だけを利用する、といった使い方が可能。ただしスリヴァーデッキにスリヴァー以外のクリーチャーを入れるのは難しいのが難点である。
  
 
*[[初祖スリヴァー/The First Sliver]]に選ばれたものであるにも関わらず、初祖スリヴァー自身の[[続唱]]では唱えることができない。仮に初祖スリヴァーからこのカードが繋がった場合、次のターンまで生き残れば続唱から一気に賛美持ちのクリーチャーが並ぶことになるため、それを危険視されたのであろうか。
 
*[[初祖スリヴァー/The First Sliver]]に選ばれたものであるにも関わらず、初祖スリヴァー自身の[[続唱]]では唱えることができない。仮に初祖スリヴァーからこのカードが繋がった場合、次のターンまで生き残れば続唱から一気に賛美持ちのクリーチャーが並ぶことになるため、それを危険視されたのであろうか。
 +
*スリヴァーでないクリーチャーへ直接的にプラスの影響を与えうるスリヴァーはこれが初である。
  
 
==関連カード==
 
==関連カード==

2019年6月14日 (金) 21:54時点における最新版


First Sliver's Chosen / 初祖スリヴァーに選ばれしもの (4)(白)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

あなたがコントロールしているスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは賛美を持つ。(あなたがコントロールしているクリーチャーが単独で攻撃するたび、ターン終了時まで、それはあなたがコントロールしているパーマネントの中の賛美能力1つにつき+1/+1の修整を受ける。)

3/3

賛美を共有するスリヴァー

同族すべてに能力を持たせるのがスリヴァーの特色だが、賛美はその中でも特に効果が高い。 単騎での攻撃時にこそ限定されるが、単純に自分がコントロールしているスリヴァーの数だけ修整を受けるので、巨大な打点を叩き出すことが容易になる。トランプル飛行などの回避能力も共有できれば完璧だろう。

賛美は重複すればその分だけ機能するキーワード能力なので、このカード自身が複数並んでもその分しっかり働いてくれるのもポイント。

主戦場はリミテッド。スリヴァーを十分にピックできていれば容易にフィニッシャーを作ることができるだろう。同セットのスリヴァーには能力の起動にタップを含むものも存在するため、賛美誘発のための条件も気にならない。

構築であれば、これよりも軽くかつ同等の打点向上を望める筋肉スリヴァー/Muscle Sliverなどが存在するものの、こちらにはスリヴァー以外の打点を上げられるというメリットが存在する。 これや他のスリヴァーを攻撃に出さず温存し、他種族のクリーチャートークンで攻撃して打点の向上だけを利用する、といった使い方が可能。ただしスリヴァーデッキにスリヴァー以外のクリーチャーを入れるのは難しいのが難点である。

  • 初祖スリヴァー/The First Sliverに選ばれたものであるにも関わらず、初祖スリヴァー自身の続唱では唱えることができない。仮に初祖スリヴァーからこのカードが繋がった場合、次のターンまで生き残れば続唱から一気に賛美持ちのクリーチャーが並ぶことになるため、それを危険視されたのであろうか。
  • スリヴァーでないクリーチャーへ直接的にプラスの影響を与えうるスリヴァーはこれが初である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾンアンコモン単色スリヴァーサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif