共に逃走/Run Away Together

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
9行: 9行:
 
[[マーフォークの秘守り/Merfolk Secretkeeper]]や[[圧倒される弟子/Overwhelmed Apprentice]]を対戦相手のクリーチャーともども[[手札]]に戻すことで、[[テンポ]]を奪い[[ライブラリー破壊]]の手数を増やせる。[[リミテッド]](特に[[ドラフト]])においては、共に逃走とマーフォークの秘守りが[[コモン]]であり数を集められることから、これらを軸にしたライブラリー破壊デッキが[[アーキタイプ]]として確立している。
 
[[マーフォークの秘守り/Merfolk Secretkeeper]]や[[圧倒される弟子/Overwhelmed Apprentice]]を対戦相手のクリーチャーともども[[手札]]に戻すことで、[[テンポ]]を奪い[[ライブラリー破壊]]の手数を増やせる。[[リミテッド]](特に[[ドラフト]])においては、共に逃走とマーフォークの秘守りが[[コモン]]であり数を集められることから、これらを軸にしたライブラリー破壊デッキが[[アーキタイプ]]として確立している。
  
*[[対象]]の2体の片方が[[不正な対象]]になっていた場合、それの[[最後の情報]]を用いてもう片方が適正な対象であるかどうかを判定する。
+
*対象とした2体のクリーチャーの一方が[[不正な対象]]になったとしても、それの[[コントローラー]]をチェックして、もう一方のクリーチャーが適正な対象であるかどうかを判定する。
*[[命令の光/Ray of Command]]などによって解決時に二体のクリーチャーが同じプレイヤーによってコントロールされていた場合、いずれのクリーチャーも不正な対象とみなされる。
+
**[[命令の光/Ray of Command]]などによって[[解決]]時に2体のクリーチャーが同じプレイヤーによって[[コントロール]]されていた場合、いずれのクリーチャーも不正な対象とみなされる。
 +
**片方が[[戦場]]を離れていた場合、それの[[最後の情報]]を用いてもう片方が適正な対象であるかどうかを判定する。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[コモン]]

2019年10月20日 (日) 21:24時点における最新版


Run Away Together / 共に逃走 (1)(青)
インスタント

異なるプレイヤーがコントロールしているクリーチャー2体を対象とする。それらのクリーチャーをオーナーの手札に戻す。


異なる陣営に属するクリーチャーが2人で一緒に逃げる羽目になってしまうバウンスインスタント

2人対戦の場合は現実からの剥離/Peel from Realityとほぼ同様の効果となる。自分のクリーチャーはETB能力出来事などを持ち再利用する旨味があるカードを、対戦相手のクリーチャーはそれらを持たずできるだけ重いもしくはオーラ装備ついたカードを戻しカード・アドバンテージテンポ・アドバンテージを稼いでいくのが基本戦術。

多人数戦の場合は、プレイヤーの選択肢が増えて自分のものを対象にする必要がなくなるためさらに便利になる。

マーフォークの秘守り/Merfolk Secretkeeper圧倒される弟子/Overwhelmed Apprenticeを対戦相手のクリーチャーともども手札に戻すことで、テンポを奪いライブラリー破壊の手数を増やせる。リミテッド(特にドラフト)においては、共に逃走とマーフォークの秘守りがコモンであり数を集められることから、これらを軸にしたライブラリー破壊デッキがアーキタイプとして確立している。

  • 対象とした2体のクリーチャーの一方が不正な対象になったとしても、それのコントローラーをチェックして、もう一方のクリーチャーが適正な対象であるかどうかを判定する。
    • 命令の光/Ray of Commandなどによって解決時に2体のクリーチャーが同じプレイヤーによってコントロールされていた場合、いずれのクリーチャーも不正な対象とみなされる。
    • 片方が戦場を離れていた場合、それの最後の情報を用いてもう片方が適正な対象であるかどうかを判定する。

[編集] 参考

QR Code.gif