「共に逃走/Run Away Together」を編集中

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
あなたはログインしていません。あなたのIPアドレスはこの項目の履歴に記録されます。
取り消しが可能です。 これが意図した操作であるか、下に表示されている差分を確認し、取り消しを確定させるために、変更を保存してください。
最新版 編集中の文章
9行: 9行:
 
[[マーフォークの秘守り/Merfolk Secretkeeper]]や[[圧倒される弟子/Overwhelmed Apprentice]]を対戦相手のクリーチャーともども[[手札]]に戻すことで、[[テンポ]]を奪い[[ライブラリー破壊]]の手数を増やせる。[[リミテッド]](特に[[ドラフト]])においては、共に逃走とマーフォークの秘守りが[[コモン]]であり数を集められることから、これらを軸にしたライブラリー破壊デッキが[[アーキタイプ]]として確立している。
 
[[マーフォークの秘守り/Merfolk Secretkeeper]]や[[圧倒される弟子/Overwhelmed Apprentice]]を対戦相手のクリーチャーともども[[手札]]に戻すことで、[[テンポ]]を奪い[[ライブラリー破壊]]の手数を増やせる。[[リミテッド]](特に[[ドラフト]])においては、共に逃走とマーフォークの秘守りが[[コモン]]であり数を集められることから、これらを軸にしたライブラリー破壊デッキが[[アーキタイプ]]として確立している。
  
*対象とした2体のクリーチャーの一方が[[不正な対象]]になったとしても、それの[[コントローラー]]をチェックして、もう一方のクリーチャーが適正な対象であるかどうかを判定する。
+
*[[対象]]の2体の片方が[[不正な対象]]になっていた場合、それの[[最後の情報]]を用いてもう片方が適正な対象であるかどうかを判定する。
**[[命令の光/Ray of Command]]などによって[[解決]]時に2体のクリーチャーが同じプレイヤーによって[[コントロール]]されていた場合、いずれのクリーチャーも不正な対象とみなされる。
+
*[[命令の光/Ray of Command]]などによって解決時に二体のクリーチャーが同じプレイヤーによってコントロールされていた場合、いずれのクリーチャーも不正な対象とみなされる。
**片方が[[戦場]]を離れていた場合、それの[[最後の情報]]を用いてもう片方が適正な対象であるかどうかを判定する。
+
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:エルドレインの王権]] - [[コモン]]

MTG Wikiへの全ての投稿は、他の利用者によって編集、変更、除去される可能性があります。 自信の投稿が他人によって遠慮なく編集されることを望まない場合は、ここには投稿しないでください。
また、投稿されるものは、自身によって書かれたものであるか、パブリック・ドメイン、またはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はMTG Wiki:著作権を参照)。 著作権保護されている作品を、許諾なしに投稿してはいけません!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウが開きます)
QR Code.gif