光異種/Brightling

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Brightling / 光異種 (1)(白)(白)
クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)

(白):ターン終了時まで、光異種は警戒を得る。
(白):ターン終了時まで、光異種は絆魂を得る。
(白):光異種をオーナーの手札に戻す。
(1):ターン終了時まで、光異種は+1/-1か-1/+1の修整を受ける。

3/3

変異種/Morphlingリメイクバージョン。おなじみのP/T増減能力に加えて警戒付与、絆魂付与、自己バウンスを備える。

3マナ3/3とマナレシオは過去の変異種系統の中で最も高い。クリーチャーである白になったことに加え、クリーチャーの性能が向上しつつある傾向の現れと言えるだろう。代わりにこちらは回避能力を得られず、警戒はアンタップに比べて利便性に欠けるためクロックブロッカーとしての信頼性は少々劣る。

一方でサイズ増減能力と絆魂との相性は良く、3マナ費やすごとにパワー5の絆魂持ちが攻撃できるのはダメージレースを制するうえで心強い。もちろん警戒を用いてブロッカーにするときも、タフネスをある程度上げてもパワーが残っていれば僅かながらライフを稼げる。自己バウンスは再度唱え直す必要があるためテンポ・アドバンテージを失うが、代わりに全体除去布告にも耐性がある点で勝り、かつテンポについても3マナと軽くなったことの恩恵がとても大きい。

マナを費やせばフィニッシャーになり得る打撃力と除去耐性を併せ持つ優秀な3マナ域と言えるが、登場時点ではリミテッドエターナルでしか使えないのが惜しい。リミテッドにおいては余ったマナの受け皿として便利だが、やはりP/T合計が変わらないという点が響き、3/3程度のサイズのブロッカーがいるだけで立ち往生しがち。単体での支配力はそれほど高くないので、過度な期待は禁物。

  • 変異種系統で自己バウンス能力を持つものには、過去に風を裂くもの/Windreaverが存在した。そちらでは自己バウンスの起動型能力マナ・コスト青マナだったのに対してこちらは白マナ。本体の軽さもあり、使い勝手は大幅に良くなっている。
  • 今までの変異種系統と異なり、P/T増減能力がペミンのオーラ/Pemmin's Auraのように一つにまとまっている。それゆえ、見かけの起動型能力は4つに減っているが、5つ持っていた変異種などと比べても実際に使える能力の数は変わっていない。
    • これによって起動の際にどちらを使うかを選択しなければならなかった先達と異なり、解決時にパワーとタフネスのどちらを上げるか選べるようになっている。複数回この能力が起動されうる状況でこのカードに稲妻/Lightning Boltなどを打ち込む場合、能力の起動に対応するのではなく解決まで待ったほうが無難。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

「~異種/-ling」のメガサイクル。いずれも起動コスト()の3つの起動型能力と、起動コストが(1)のP/T修整能力を持つ、多相の戦士クリーチャー

元祖はウルザズ・サーガの変異種。次元の混乱で炎異種が登場したのを皮切りに各色で登場し、モダンホライゾンの終異種によって遂にサイクル完成となった。サイクル完成までの21年は、「力/Force」サイクルの16年を上回る記録である(参考/翻訳

[編集] 参考

QR Code.gif